プレゼンソフトのダークホースとなるか?Evernoteプレゼンテーションモードを使った感想

Pocket

IMG_7241

Evernote for Mac(v5.3)にプレゼンテーションモードが搭載されました。

ライトニングトークをやっている身として、軽く使ってみた感想などを書いておきます。

スポンサーリンク

ザックリと使い方

プレゼンテーションの対象となるのは「ノート」です。

プレゼンテーションモードを開始する場合は、対象のノートを開いておく必要があります。

skitch.3

Control+Pキーでポインタを変えることもできますよ。

skitch.4

スライドの操作方法としては、SPACEキーを押すと一画面分下にスクロールします。

一枚一枚のスライドというよりは、縦長の巻物のようなイメージです。

プレゼンテーションモードを終了するときはescキーを押します。

複数のノートを選択してプレゼンテーションモードを開始することもできるようです。

skitch

この場合SPACEキーで縦にスクロール、←・→キーで違うノートに移動することができます。

その他、ノートに貼ったリンクをたどったり、添付ファイルを展開することもできるようなので、アイデア次第で面白いプレゼンができそうです。

まとめ

このプレゼンテーションモードはEvernote for Macのバージョン5.3から使えるようになっています。

ただし利用できるのはプレミアムユーザーかEvernote Businessユーザーだけのようです。(※無料ユーザーも期間限定で試用できるようです)

KeynoteやPowerPointのようなプレゼン用のソフトに比べると、全体的にパワー不足感はあります。

ただ、先にも述べたとおりリンクや添付ファイルをうまく使うことで、インパクトあるプレゼンができそうな予感もあります。

試しに一度これを使ってライトニングトークをやってみようかな。

コチラの記事もどうぞ

あなたは大丈夫?プレゼン初心者がハマりやすい10のワナ

ライトニングトーク上達のコツと読まれるブログの共通点「CCB」とは?

ライトニングトークを上手に見せる!初心者でも安心の準備方法

Pocket

Tags:
スポンサーリンク
2013-10-02 | Posted in WebサービスNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)