重量感が心地いいシャープペンシル「STAEDTLER REG」

Pocket

IMG_0516

デジタルも良いけどアナログもね。

というわけで、私が普段使用している文房具を紹介します。

第1弾はSTAEDTLERの製図用シャープペンシルREG(0.5mm)。

これは社会人になったばかりの頃買ったものだと思います…社会人とは言えシャープペンシルによく1,500円近くも出したものだな。

スポンサーリンク

特徴

名前にもなっている”REG”とはREGULATORのこと。
ノック部下にあるネジを回すことで、芯の送り出し量を0.1mm〜2mmの好きな長さで調整できます。

製図用なのでノックの煩わしさから解放するための機構なのでしょうか。

IMG_0518

特徴的なデザインは2005年にグッドデザイン賞を受賞しています。

IMG_0517

口金が長く紙との接地面がよく見えるので、文字だけでなく細かなイラストを描くことにも重宝していました。

金属ボディならではのほどよい重量感があって筆が捗るんですよね。

IMG_0519

製図とはまったく関係ない仕事(システム)だったので作業で使う機会はあまりなかったのですが、何かと重宝しているシャープペンシルなのでした。

今も売っているのかと調べたところ、どうやら廃番になってしまったようですね…残念。

amazonでは高値がついていますが、町の文房具屋やホームセンターで見かけたら購入のチャンスかもしれません。

口金部分は破損しやすいらしいので、大事に使わないと。

Pocket

Tags:
スポンサーリンク
2015-01-13 | Posted in レビューNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)