京都の珍スポット!黄檗新生市場[京都旅行記#09]

Pocket

DSC_5948

京都伏見にある珍スポットを訪れてきました。
今回の旅で一番行きたかった場所はここであった…と言っても過言ではない…的な。

何だかすごすぎて言葉では語り尽くせない場所なので、今回も写真多めでいきます。

2015年1月京都旅行記のまとめはコチラ

2015年1月京都旅行まとめ – Mind-B

スポンサーリンク

京都の珍スポット・黄檗新生市場

京阪電車・黄檗(おうばく)駅を下車するとすぐのところにある「黄檗新生市場」。

黄檗には黄檗宗大本山の萬福寺という大きなお寺があり、この商店街はかつての参道として賑わっていたのではないかと。

DSC_5947

入口からして香ばしい感じがしています。
これはきっと私の好きなニオイです。

入口から中を覗いたところ…向こう側の出口まで真っ暗です。
ちなみに入口近くの花屋さんだけが唯一営業しているお店でした。

DSC_5949

以前は営業していたというたこ焼き屋さんは閉まっていました。
もう営業していないのでしょうか…。

DSC_5950

こちらも最近まで営業していたらしい洋菓子屋さん「ティッヒー」。
どうやら閉店してしまったようです。

DSC_5951

どこを見てもシャッター。

DSC_5952

DSC_5954

DSC_5961

天井から差す光を頼りに進みますよ。

DSC_5956

お店の跡がたくさんあります。かつては賑わっていたのでしょうか。

DSC_5957

DSC_5958

DSC_5960

DSC_5964

萬福寺にお参りのあとはココで食事でもしてたのですかね…。

DSC_5968

一斗缶が物悲しげに置かれています。

DSC_5962

熱帯魚屋さんには放置され枯れた植物。あゝ無情。

DSC_5963

天井にはスピーカー。特売の放送でもしていたのでしょうか…。

DSC_5969

出口側からの写真。入口に比べて朽ちた感じがしますな。

DSC_5970

商店街好きで廃墟好きの私のニーズを満たしてくれる素晴らしい場所でした。
看板のフォントもシブいですね(フォントも好き)。

ただ人通りが少なく、暗い時間帯には通りたくないスポットです。
女性の一人歩きは気をつけたほうが良さそうですね。
明るい時間帯に訪れるのがオススメ。

Pocket

Tags:
スポンサーリンク
2015-01-28 | Posted in TravelNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)