中国様式のお寺・萬福寺[京都旅行記#10]

Pocket

DSC_5979

黄檗新生市場を抜けてしばらく歩くと立派なお寺が見えてきます。

黄檗(おうばく)宗の大本山・萬福寺です。

和のイメージが強い京都ですが、萬福寺は中国様式のお寺。
日本のお寺と比較してみるのも面白いかもしれませんね。

2015年1月京都旅行記のまとめはコチラ

2015年1月京都旅行まとめ – Mind-B

スポンサーリンク

黄檗山萬福寺

都七福神の一つ、布袋尊をお祀りしているようです。

DSC_5976

広い境内ですな〜。

DSC_5980

DSC_5983

般若のような鬼瓦…角が取れてますがな。

DSC_5987

通路の真ん中に突如現れたこれ、何でしょう?
雲板(ウンパン)という青銅でできた雲型の鳴り物だそうです。
これで食事や法要の際の出頭を促すそうですよ。

DSC_5991

雲板の先には開パンと呼ばれる魚型の鳴り物が。
木魚の原型だそうですよ。
叩いて食事の時間などを知らせるそうです。

DSC_5993

口から出ているのは煩悩の珠だそうですよ。
ユーモラスな顔。

DSC_5994

実際に修行をしているお坊さんもいるそうなのでお静かに。

DSC_5999

平日なので人がいません…落ち着いて拝観できます。

DSC_6005

この辺が中国様式っぽいですね。

DSC_6010

京都市内からは離れていますが、見応えあるお寺でした。

DSC_6018

黄檗宗大本山萬福寺 – トップ –

Pocket

Tags:
スポンサーリンク
2015-01-29 | Posted in 旅行No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)