フルサイズのSONY α7ⅡでAPS-Cレンズを使う方法

Pocket

IMG_1059

SONYのフルサイズ機α7Ⅱ。

軽いし本体に手ぶれ補正機構が搭載されていて使い勝手の良いカメラなのですが、いかんせん対応レンズが少ないんですね。

個人的には汎用ズームが1本あると便利だなーと思っているのですが、フルサイズ用だと価格的に厳しいし。

なんとか上手いことできないか調べてみましたよ。

スポンサーリンク

APS-C専用レンズをフルサイズ機で使う

α7ⅡはEマウントというマウントを使っています。
その中でα7シリーズのフルサイズ対応レンズがFEレンズ、α6000やNEXシリーズなどAPS-C用レンズが(いわゆる)Eマウントレンズというわけですな。

今のところFEレンズはまだまだ販売本数が少なく、APS-C用のEマウントレンズはそれなりに本数が揃っています。

マウントが一緒なのでα7シリーズでAPS-C用のレンズを使うことも可能なのですが、レンズのイメージサークルが小さいため、周囲にケラレが発生してしまうんですね。

▼ケラレのイメージ

000455020005

これを解決できればかなり便利になるんですけどねー。

設定できるみたいです

17681177425_5a9b1fe344_o

設定で「APS-Cサイズ撮影」を”オート”にしておけば、自動的にサイズを調整してくれるみたいです。

これで豊富なEマウントレンズを使うことができますね!

まとめ

フルサイズ機でAPS-C用レンズを使うメリットはあまりないかもしれません。
フルサイズの画質や感度が活かせなくなってしまうわけですし。

とは言え販売されているレンズが少なかったり、高価でなかなか手が出せないときには十分使うことができます。

必要に応じて使い分ける事ができれば良さそうですね。

Pocket

Tags:
スポンサーリンク
2015-05-15 | Posted in 写真・カメラNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)