パリの中心・セーヌ川

Pocket

1セーヌ川

フランスを代表する川、セーヌ川。

セーヌ川

パリの中心を流れ、パリを左岸と右岸に分けるセーヌ川はパリ散歩をしていれば必ずと言っていいほど通る場所。

セーヌ川

川なんて見てもつまらない、と思うなかれ。
セーヌ川には恋人や家族や旅人が集まる場所(あとスリも)。
観光に疲れたらゆったりと流れるセーヌ川を眺めるのも良いかもしれない。

ポンデザール

セーヌ川にかかる橋の一つポンデザール(芸術橋)。
カップルが南京錠を付け、その鍵をセーヌ川に投げ込んで永遠の愛を誓う…なんて話のある橋。

ポンデザール

取り付けられた南京錠の重さは45トンにも及び、橋が崩落する危険があったため今年の6月に橋に付けられた南京錠は撤去されたが、川沿いの柵部分にはまだかなりの数の南京錠が。

ポンデザール

ある意味壮観。

セーヌ川

川沿いと言えば、セーヌ川沿いの通りにはこんな緑の箱が設置されてます。
ブキニスト(古本市)というものらしく、古本やポスターなどが売られてます。
自由ですねぇ。

セーヌ川

そんなセーヌ川、時間とともに表情を変えるのも見どころの一つ。
午前中は陽の光がキラキラと反射しています。

セーヌ川
セーヌ川

夕方には遠くの空が赤く染まり、シルエットとなった建物と鈍く光るセーヌ川が印象的。

セーヌ川
セーヌ川

夜には橋がライトアップされ、川沿いの建物の光がセーヌ川に反射。
幻想的な雰囲気になります。

パリ旅行記まとめ記事はコチラをどうぞ

2015年パリ旅行記まとめ – Mind-B

Pocket

Tags:
スポンサーリンク
2015-10-07 | Posted in TravelNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)