自分が「普通」だと思っていることをブランド化しちゃう方法

思考・仕事術
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク


Normal IL / chaunceydavis818

自分にとっては「普通」のことで、普段から当たり前にでやっていることでも、実は他人から見ると「普通ではない」ってことは結構ありますよね。

この「普通ではない」っていうのが結構重要でして。
上手く使うことで「普通」だと思っていたことが、自分の”ブランド”になっちゃったりするんですね。

今回はそんなお話。

スポンサーリンク

自分が「普通」だと思っていることをブランド化しちゃう方法

自分が「普通」だと思っていることをブランド化するには、「普通」と「普通」を掛け合わせる必要があります。

とりあえず私の「普通」をいくつか挙げてみましょう。

イラストが描ける

子供のころから絵を描くのが好きだったので、ちょっとだけですがイラストが描けます。
万人受けするイラストではなく、劇画タッチの暑苦しいイラストしか描けませんが…。

子供の頃好きだった『北斗の拳』や『魁!男塾』の影響を強く受けていると思われます。

基本的にはペンと紙を使って描くのが好きですが、たまにPCを使って描いたりもします。
(PCだと標準ソフトの「ペイント」でマウスを使って描くのでクオリティは下がります)

それでも自分の周りにはイラストを描ける人はそう多くないので、やはりちょっと「普通ではない」のでしょう。 

プログラムが書ける

システムの仕事をしていますのでプログラムが書けます。

以前介護関係の仕事をしている知人にExcelのVBAで作った領収書発行ツールを提供してとても感謝されてしまったことがあります。

そんなに複雑なコードは書いていない(というか書けない)のですが、プログラムに縁のない人から見ると「普通ではない」のでしょうね。

ボランティア活動をしている

月に一度ボランティア活動に参加しています。

5年ほど続けているので、自分の中では「普通」のことになってしまっていますが、このことを人に話すと大抵驚かれます。
(私自身のキャラクター的な要因もあるのでしょうが…)

まあ、確かにこれは「普通ではない」かもしれないですね。

年々痩せている

あ、病気ではないですよ。念のため。

新卒の頃は90kg近くまであった体重が、今では70kgまで減りました。

先日、学生時代の友人に久しぶりに会ったときに、みんなすっかり肥えてしまっていて驚きましたが、私も逆に驚かれました。

最近では運動(ランニング)をするのが「普通」になっているのですが、これもそういう習慣がない人からは「普通ではない」のかもしれませんね。

まとめ

以上、私にとっての「普通」を挙げてみました。

どうでしょうか?「普通」でしたか?「ちょっと普通じゃない」ですか?

この「普通」同士を組み合わせるとちょっと「普通ではない」何かが生まれます。
そのちょっと「普通ではない」何かを育てると自分のブランド作りにつながるというわけですな。

自分の「普通」同士を組み合わせるだけでなくて、自分の「普通」と他人の「普通」でコラボしてみたら、また違った化学反応が起きて面白いかも。

自分に足りないモノばかり求めるのではなくて、すでに持っているモノをうまく使っていこうぜ、というお話でした。

コチラの記事もどうぞ

ここ1週間くらい継続して『ラン日誌』という記事を書いています。ほとんど個人的な記録ですし、他の人が読んでもあまり得るものがない(実際アクセスも少ない)コチラの記事、なぜわざわざ書き続けているのか。今日はその理由を書いておこうかと思ってます。キーワードは"ストーリー"と"ブランド"です。普段の生き方がその人を形作るかなり雑多なことを書いているこのブログ、実はマラソンやランニング関係の記事が検索にも強くて人気の記事なんですね。私自身、体育の成績が2で体重90kg弱の運動初心者から、フル...
ブランディングしたいならストーリーを語れ - Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました