【GTD再学習#02】収集ステップがうまくいかない理由(後編)

タスク管理・GTD
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク


Mess / karindalziel

GTDの再学習として不定期に書いているこの企画、第2回は前回に引き続き「収集ステップ」がうまくいかない原因を探っていきます。

前回の記事では収集ステップが上手くいかない5つ原因のうち、1〜3について考えました。

  1. 収集ステップをやる時間がない
  2. そもそも収集することが少ない
  3. 書く力が足りない
  4. 目の前のやるべきことの収集で完結している
  5. 頭の中だけで完結しようとしている

今回は後編として4・5の原因について考えていきます。

スポンサーリンク

【GTD再学習#02】収集ステップがうまくいかない理由(後編)

目の前のやるべきことの収集で完結している

頭の中の気になることを書きだしてみたものの、何かスッキリしない。
そんなときは目の前の雑事にばかり目が向いてしまっていて、もっと高いレベル(人生のビジョンや長期的な目標など)にまで気が回っていない可能性があります。

GTDでは”高度マップ”と称して6つのレベルを定義しています。

  • 高度5000メートル 人生
  • 高度4000メートル 3〜5年後の構想
  • 高度3000メートル 1〜2年後の目標
  • 高度2000メートル 責任を負っていること
  • 高度1000メートル 現在のプロジェクト
  • 高度0メートル 現在の行動

ここで言う0メートルのレベルに目の前の雑事が含まれています。
こればかり収集してしまうと、より高度なレベルのことに関して収集できない(というより気が回らない)ケースが多く、モヤッとした感覚が残ってしまうんですね。

ではもっとビジョンとか目標から考えたら良いのかというと…そういうわけでもありません。

GTDでは目の前の雑事から片付けていくという”ボトムアップでのアプローチ”を推奨していますし、そもそも目の前の雑事が片付いていない状態なのに、上のレベルのことまで考えている余裕はないはずでよね。

なので、一番最初に行う収集の時点ではあまり気にすることないのかなー、というのが正直な感想です。
目の前の雑事が徐々に片付いて気持ちに余裕が出てきたら、より高度なレベルのことについてのアイデアが出てくるようになるはずですからね。

頭の中だけで完結しようとしている

収集のステップに気合が入るあまり、「カフェに3時間こもって、みっちり頭の中のものを書き出すぞ!」と意気込んだものの、1時間もしないうちに「もう無理」と投げ出してしまった経験ありませんか?

私もその一人なのですが…こうなるとトリガーリストとにらめっこしようが、メールや手帳をひっくり返そうが、哀しいことに何も出てこないんですよね。

頭の中だけではなんだかうまくいかないな…と思ったときは原典に帰りましょう。
原典で一番最初の収集では「物理的にモノを集め」ています。
ならば実際に自分の部屋で「物理的に」気になるものを収集するのです。

散らかった机の上を目の当たりにすることで「机を片付けなくては」と思ったり、残り少ない歯磨き粉を見て「歯磨き粉を買う」というタスクを収集してみたり。

物理的なモノを見て気になるかどうかをチェックしていくというのは、意外に有効なんじゃないかと思っています。
特に部屋がモノであふれていると頭の中だけではイメージしづらい部分もありますし。

「机を片付ける」でスッキリしなければ、机の上のモノ一つ一つを収集してもいいと思います。
この辺りは「処理ステップ」での取り扱いに関係してきますが、まずは自分が納得できる範囲で収集しておけばいいのではないでしょうか。

結局のところやり方に正解はないですからね。

まとめ

今回はやや概念的な内容になってしまいました。
ただ、この辺りの話については考えをまとめておきたかったので、個人的にはちょっとスッキリしています。

GTDの収集ステップで得られる「スッキリ感」には個人差があると思います。
頭の中のモヤモヤを紙に書き出すだけでスッキリする人もいれば、すべてのタスクに対してコントロールできている状態をもって初めてスッキリ感を得られる人もいるでしょう(私はおそらく後者です)。

したがって「収集ステップでみんなが言うようなスッキリ感が得られない」からと言って、「自分のやり方は間違っているのかも」と思い込む必要はないのです。
収集以降のステップをこなしたり、ユビキタスキャプチャで収集し続けるうちに何かしらの効果は出てくると思います。

最初からうまくやろうとする必要はないってことですね。
ストレスフリーになるはずのGTDで、ストレスを感じちゃいけません。
楽しみながらやっていきましょう。

次回は「処理ステップ」の上手くいかない点について考えてみます。

GTDについてはコチラもどうぞ!

やりたいこと、やらなきゃいけないことがたくさんあるのに、何だかモヤモヤしてうまく行かない感じがずっと続いています。そこで今回で何度目かのGTDに挑戦しようかなーと思っています。今までうまく行かなかった点や、それを踏まえた今回のやり方について簡単に記事にしてみますので、GTDがうまくいかないなーと感じている人は参考にしてみてください。シンプルなシステムでGTD再始動します!GTDとは何か?もはやライフハック界隈では知らない人はいないであろうGTDですので、詳細な説明は割愛して簡単に。頭のなかの気になることをす...
シンプルなシステムでGTD再始動します! - Mind-B

GTD-con-letras-de-madera / carlescvGTDを再開したものの、何だか上手く回せてないなーとモヤモヤした感じが強いので、原典を呼んでGTDの再学習を始めることにします。せっかくなので勉強した内容をここに残してシェアしていきますね。GTDを始めたものの何かスッキリしないなーという人にはヒントになるかもしれませんよ。GTDについて基礎から再学習を始めますそもそも何がうまく回せていないのかまずはうまく回せていないと思う理由を考えてみました。システムを本当に理解しているだろうか?使っているツールは適切だろうか?GTDの...
GTDについて基礎から再学習を始めます - Mind-B

Index Card System / koalazymonkeyGTDの再学習として始めたこの企画、第1回は「収集ステップ」での疑問とその対応方法について書いてみたいと思います。GTD最初のステップである「収集」。GTDをかじった人なら誰でも一度はやったことがあるでしょう。一見、気になることを集めるだけの単純作業のようですが、どうも個人的につまずいてしまうところがあったのでまとめておきます。【GTD再学習#01】収集ステップがうまくいかない理由(前編)なぜ収集ステップがうまくいかないか?収集ステップをやり切ると"ものすごいスッキリ感&q...
【GTD再学習#01】収集ステップがうまくいかない理由(前編) - Mind-B

Stones on mountain top / Jonas BGTDの再学習として不定期連載のこの企画、第3回は"処理ステップ"で私が失敗した原因について考えていきます。"収集ステップ"で集めた「気になること」について「処理」していくわけですが…どうも私はこのステップについて、ある思い違いをしていたようなんですね。一体どんな思い違いをしていたのか。それでは詳しく見て行きましょう。【GTD再学習#03】処理ステップでは「望むべき結果」を明らかにするワークフロー通りに処理してもうまくいかない…?収集した「気になること」を...
【GTD再学習#03】処理ステップでは「望むべき結果」を明らかにする - Mind-B

Someday and Again / Old SargeGTD再学習として不定期連載しているこの企画。第4回は「いつかやる/多分やる」リストの効用について考えてみます。この「いつかやる」リストの立ち位置がよく分かっていなかったのですが、最近になってようやく使い道が分かってきました。今回はその辺りのお話をしていきます。【GTD再学習#04】「いつかやる」をうまく使うと「やるべきこと」に集中できるいつかやる=先送り?この「いつかやる」と言う言葉に「今は考えたくないのでとりあえず先送り」的な、ある種のネガティブな感情がつきまとうイメー...
【GTD再学習#04】「いつかやる」をうまく使うと「やるべきこと」に集中できる - Mind-B

56/366 / tracitoddGTDを再開して、1ヶ月半。さぞかしストレスフリーにタスクをこなせているのだろう…と思いきや、タスクがあまり減っていません。厳密に言うと日々の瑣末なタスクはそれなりにこなせているのですが、いわゆる"プロジェクト"系のタスクがこなせていない感じです。これは一体なぜなのでしょう?今回はこの辺りについて考えてみます。【GTD再学習#05】やることリストにいつまでも残り続けるタスクを片付けるタスクを実行するにはパワーが必要?GTDでは、次の4つの基準で実行できるタスクを判断します。そのとき...
【GTD再学習#05】やることリストにいつまでも残り続けるタスクを片付ける - Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました