【GTD再学習#03】処理ステップでは「望むべき結果」を明らかにする

タスク管理・GTD
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク


Stones on mountain top / Jonas B

GTDの再学習として不定期連載のこの企画、
第3回は”処理ステップ”で私が失敗した原因について考えていきます。

“収集ステップ”で集めた「気になること」について「処理」していくわけですが…どうも私はこのステップについて、ある思い違いをしていたようなんですね。

一体どんな思い違いをしていたのか。
それでは詳しく見て行きましょう。

スポンサーリンク

【GTD再学習#03】処理ステップでは「望むべき結果」を明らかにする

ワークフロー通りに処理してもうまくいかない…?

収集した「気になること」をワークフローに沿って”処理”してみたものの、出来上がったのはなんともスッキリしない(むしろ実現できるのかも怪しい)「次にとるべき行動」の山でした。

ワークフロー通りに”処理”したはずなのに…?
一体どこがマズかったのでしょう?

GTDのワークフローでは処理ステップの一番初めに「これは何か?」「行動を起こすべきか?」という質問があります。

ここで「行動を起こすべき」に”YES”と答えると「次に取るべき行動は?」という質問に移るわけなのですが…私はこの時点で深く考えずに「次にとるべき物理的な行動」を考えていたんですね。

起こすべき行動が一つで完結するものであればいいのですが、複数の行動からなる「プロジェクト」の場合、ゴールが明確になっていないと「次にとるべき行動」が曖昧なものになってしまいます。

気になることに対して「望む結果」は明確になっているか?

この着地点(望む結果)を明確にしていなかったのが最大のミスだったんですね。

例えば「部屋を片付ける」と言う「気になること」があったとします。
一言で部屋を片付けると言っても、最終的にどのレベルまで部屋を片付けるかによって次の行動は変わってきます。

  • 散らかったものを所定の場所にしまうだけのお片づけレベル
  • 不要なものの処分も含めたお掃除レベル
  • 部屋の模様替えまで視野に入れ、徹底的にやる大掃除レベル

お片付けレベルと大掃除とレベルでは、最終的にこうなっていればいい」という「望む結果」は大きく変わってしまいます。

したがって、「次に取るべき行動は?」の前に「望む結果は?」という質問をしてあげる必要がありそうです。

※「望む結果」については原典(はじめてのGTD ストレスフリーの整理術)では”ナチュラルプランニングモデル”に記述がありますが、より詳しく知りたい人は「ひとつ上のGTD ストレスフリーの整理術 実践編――仕事というゲームと人生というビジネスに勝利する方法」を一読されると理解が深まると思います。

まとめ

“処理ステップ”では「次にとるべき物理的な行動」が重視されていますが、これも「望む結果」ありきでの「次にとるべき行動」という意味なのでしょう。

また、今までの「次にとるべき行動」には「物理的かつ具体的」な部分が若干足りなかったようにも思えます。

これも「望む結果」が明確になっていなかったがゆえに、曖昧な感覚で設定してしまっていたからなのかもしれません。

そもそも何か成し遂げる場合、「最終的にはこうなっていればいいな」というゴールを設定するのは当たり前のことなのですが、ワークフローに忠実になるあまり、その考えがすっかり抜け落ちてしまっていました。

今回、この「望む結果」についてのヒントを得られたことは大きな収穫でした。
早速、それぞれの「気になること」について「望む結果」を考え、再度「次にとるべき行動」を設定してみたいと思います。

山を登る時、ルートもわからん!頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ! (ジョジョの奇妙な冒険 第27巻より)

きちんと頂上(望む結果)の場所を見据えて、遭難しないようにしたいものですね。

GTDについてはコチラもどうぞ!

やりたいこと、やらなきゃいけないことがたくさんあるのに、何だかモヤモヤしてうまく行かない感じがずっと続いています。そこで今回で何度目かのGTDに挑戦しようかなーと思っています。今までうまく行かなかった点や、それを踏まえた今回のやり方について簡単に記事にしてみますので、GTDがうまくいかないなーと感じている人は参考にしてみてください。シンプルなシステムでGTD再始動します!GTDとは何か?もはやライフハック界隈では知らない人はいないであろうGTDですので、詳細な説明は割愛して簡単に。頭のなかの気になることをす...
シンプルなシステムでGTD再始動します! - Mind-B

GTD-con-letras-de-madera / carlescvGTDを再開したものの、何だか上手く回せてないなーとモヤモヤした感じが強いので、原典を呼んでGTDの再学習を始めることにします。せっかくなので勉強した内容をここに残してシェアしていきますね。GTDを始めたものの何かスッキリしないなーという人にはヒントになるかもしれませんよ。GTDについて基礎から再学習を始めますそもそも何がうまく回せていないのかまずはうまく回せていないと思う理由を考えてみました。システムを本当に理解しているだろうか?使っているツールは適切だろうか?GTDの...
GTDについて基礎から再学習を始めます - Mind-B

Index Card System / koalazymonkeyGTDの再学習として始めたこの企画、第1回は「収集ステップ」での疑問とその対応方法について書いてみたいと思います。GTD最初のステップである「収集」。GTDをかじった人なら誰でも一度はやったことがあるでしょう。一見、気になることを集めるだけの単純作業のようですが、どうも個人的につまずいてしまうところがあったのでまとめておきます。【GTD再学習#01】収集ステップがうまくいかない理由(前編)なぜ収集ステップがうまくいかないか?収集ステップをやり切ると"ものすごいスッキリ感&q...
【GTD再学習#01】収集ステップがうまくいかない理由(前編) - Mind-B

Mess / karindalzielGTDの再学習として不定期に書いているこの企画、第2回は前回に引き続き「収集ステップ」がうまくいかない原因を探っていきます。前回の記事では収集ステップが上手くいかない5つ原因のうち、1〜3について考えました。収集ステップをやる時間がないそもそも収集することが少ない書く力が足りない目の前のやるべきことの収集で完結している頭の中だけで完結しようとしている今回は後編として4・5の原因について考えていきます。【GTD再学習#02】収集ステップがうまくいかない理由(後編)目の前のやるべきことの収集...
【GTD再学習#02】収集ステップがうまくいかない理由(後編) - Mind-B

Someday and Again / Old SargeGTD再学習として不定期連載しているこの企画。第4回は「いつかやる/多分やる」リストの効用について考えてみます。この「いつかやる」リストの立ち位置がよく分かっていなかったのですが、最近になってようやく使い道が分かってきました。今回はその辺りのお話をしていきます。【GTD再学習#04】「いつかやる」をうまく使うと「やるべきこと」に集中できるいつかやる=先送り?この「いつかやる」と言う言葉に「今は考えたくないのでとりあえず先送り」的な、ある種のネガティブな感情がつきまとうイメー...
【GTD再学習#04】「いつかやる」をうまく使うと「やるべきこと」に集中できる - Mind-B

56/366 / tracitoddGTDを再開して、1ヶ月半。さぞかしストレスフリーにタスクをこなせているのだろう…と思いきや、タスクがあまり減っていません。厳密に言うと日々の瑣末なタスクはそれなりにこなせているのですが、いわゆる"プロジェクト"系のタスクがこなせていない感じです。これは一体なぜなのでしょう?今回はこの辺りについて考えてみます。【GTD再学習#05】やることリストにいつまでも残り続けるタスクを片付けるタスクを実行するにはパワーが必要?GTDでは、次の4つの基準で実行できるタスクを判断します。そのとき...
【GTD再学習#05】やることリストにいつまでも残り続けるタスクを片付ける - Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました