どこから手をつければいいか分からない作業には”型”を集めて対処する

思考・仕事術
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク


Karate kick at sunrise / bluesbby

やらなきゃいけないことがたくさんあるんだけど、どこから手を付けて良いか分からない。
そういうことよくありますよね。

昨日の記事で書いた通り、タスクを細分化するというのも一つのやり方ですが、他にも効率を上げる方法があります。

それは”型”を使うことです。

スポンサーリンク

どこから手をつければいいか分からない作業には”型”を集めて対処する

あらかじめ”型”を集めておくと便利

型といっても武術ではないですよ。
作業効率を上げるための型のことです。
カッコよく横文字で言うと”フォーマット”とか”テンプレート”とか”フレームワーク”とか呼ばれているものですね。

例えば報告書を書くにしても、毎回毎回ゼロから作っていては非効率的です。
事前に書くべき項目を挙げておき、それを埋めていく方が10倍くらい速いでしょう。

報告書、企画書、設計書、メールの定型文など、仕事で使える”型”はどんどん作って保存しておくべきです。
作るのに多少手間はかかりますが、その後継続して効率化できることを考えれば十分回収できますよ。

“型”はどうやって集める?

まず世間一般にはフレームワークと言う便利なものがあります。
「マーケティングの4P」とか「SWOT分析」という名前を聞いたことはありませんか?
要するに何かを考えるときにポイントとなる部分をパターンに落とし込んで使えるようにしたものですね。

この手のフレームワークはWebで調べればたくさん出てきますし、専門の本もありますので自分に必要なモノを集めておくと役立ちます。

次に報告書やメールの定型文などのフォーマットについて。
自分で考えることができればベストですが、手っ取り早いのはよくできているフォーマットをパクること。

回覧などで回ってきた報告書やメールは、自分に関係ない内容でも一通り目を通しておくと参考になったりします。

これらを少しずつ集め、自分なりにカスタマイズできれば作業効率は上がるはずです。

まとめ

これらの“型”の便利なところは、問題に対処するときにゼロから考える必要がなくなるということ。
何から手を付けて良いか分からない場合でも、”型”があれば取っ掛かりにはなるはずです。
こういう”型”をいくつ持っているか、これが効率化のカギかもしれません。

作業の効率化を図りたいならコチラもどうぞ

Flowcharting templates, pt. 4 / Marcin Wichary8/1から東京マラソンのエントリ申し込みが始まっています。今年も懲りずにエントリしてみましたが…どうなることやら(2年連続落選中)。当選したら新たな目標に向けて練習内容を見直しますけどね。さて、何か目標に向かって進むというのは楽しい反面、モチベーションを保ち続けないと上手くモノにすることができないものです。そのために必要なのが"面倒くさくない仕組み"を作ること。仕組み作りのコツを3つご紹介します。何かを成し遂げたいのなら面倒くさくない仕組みを作...
何かを成し遂げたいのなら面倒くさくない仕組みを作る - Mind-B

Database / Nanaki「効率のよいアウトプット」。ブログを書いている人なら誰もが一度は考えるテーマではないでしょうか?ブログを書くのもそれなりに労力を使います。効率よく(ラクして)記事を書くことができれば言うことはありません。でもラクして書こうとすると、どうにも中身が薄っぺらい記事になってしまいます。ではどうすればいいのか?そんな悩みを解決するヒントとして「読書HACKS!」や「PLANNING HACKS!」等の「HACKS!」シリーズでおなじみ、原尻淳一(@junichiharajiri)氏の「アイデアを形にして伝える技術 」を紹介しま...
『アイデアを形にして伝える技術』by原尻淳一 ― 自分のブログ記事が薄っぺらいと感じたら読むべき本 - Mind-B

Teaching the youngster to feed / foxypar4ここ最近、人にモノを教わったり、逆にモノを教えたりという機会が立て続けにありました。私は基本的に何でも独学派。写真もプレゼンも文章も、自分で本を読んだり情報を集めたりして勉強してきました。でも、やっぱり人にモノを教わる方が何かとはかどるんですよね。1.ポイントを効率的に学べる本やネットでモノを調べて勉強しようとすると、やはり効率が悪いです。人にモノを教わるということは、先生がそれまでに体得してきた経験や知識の中から、絞りこまれたポイントを効率よく吸収でき...
人にモノを教わる方が何かとはかどる3つの理由 - Mind-B

Calendar* / DafneCholet何かやらなきゃいけないことがあるのに、ついつい「後で良いか」と手を付けない…なんてことありませんか?いわゆる「先送り」ってやつなんですが…これってほとんどメリットがないんですね。せいぜい「今この瞬間にラクができる」ってくらいでしょうか。でもついやってしまったりして。そこで今日は先送りのデメリットと、先送りしないためのヒントを紹介します。先送りのデメリット先送りと言うのは「やらなきゃいけない」ことを抱えながらも、「今は手を付けない」でいることです。「今は手を付けない」でいる...
先送りがもたらすデメリット - Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました