仙川『レポロ』―甘さも価格も控えめでカラダと財布に優しいドーナツ屋

東京案内
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

立て続けにドーナツの記事を書くとドーナツばかり食べているみたいですが、そうでもありませんよ。

現在京王線沿線に住んでいるのですが、仙川駅にいい感じのドーナツ屋さん『ドーナツ工房レポロ』を発見したので行ってきました。

甘さ控えめで余計な混ぜものがない、カラダに優しいドーナツが楽しめますよ。

スポンサーリンク

仙川『レポロ』―甘さも価格も控えめでカラダと財布に優しいドーナツ屋

仙川は新宿から京王線で20分位のところにある街です。
ここ数年で急速に発展し、最近では猿田彦珈琲とかできてすっかりオサレなエリアになってます。
もっとも、以前の仙川を知らないんですけどね。

駅前には商店街があったりするのですが、路地を入ったところにも小さなお店がポツポツあったりして。
今回訪れた『ドーナツ工房レポロ』はそんな場所にあります。

ちなみに”レポロ”とはエスペラント語で”ウサギ”って意味らしいですけど、そこからきてるんですかね?

訪れたのは夕方だったので、ガラスケースの中はやや寂しい感じ。
一番人気のプレーン(140円)とシナモン(140円)を買いましたよ。

コチラがプレーン。
油を極力吸わない生地を使い、特別なハチミツやヨーグルトを使って甘味を出しているのだとか。
ふんわりもっちり、それでいてしつこくない、いくらでも食べられそうですぞ。

コチラがシナモン。
シナモンシュガーがかかっていますが、こちらの甘さ控えめ。でもシナモンの風味は損なわない。ステキ。

いやいや、どちらも美味いわ。

まとめ

店内にはイートインスペースもあるのですが、コチラは営業していたりしていなかったりしているみたいですな。
丁寧にドーナツを手作りしているため、そちらにはなかなか手が回らないのでしょうか?…残念。

甘さも価格も控えめ、でも満足度の高いドーナツを食べたいならオススメですよ。

関連ランキング:ドーナツ | 仙川駅つつじケ丘駅

コチラの記事もどうぞ

京王線・仙川駅近くにあるモキチ・カフェ(Mokichi cafe)に行ってきましたよ。最近オシャレになって何かと人気の仙川。カフェ激戦区の仙川の中でも、こちらのモキチ・カフェはかなり穴場っぽいです。※こちらのお店は閉店されたようです(2018/04/27現在)。仙川『モキチ・カフェ』―カフェ激戦地域から離れた落ち着くカフェ京王線・仙川駅より歩いて5分くらいの場所にあるモキチ・カフェ。バスターミナル向かいのビルの2階にあります。こざっぱりとした店内はソファ席が10、テーブル席6、カウンター席3と比較的小さめのカフェです。店...
【閉店】仙川『モキチ・カフェ』―カフェ激戦地域から離れた落ち着くカフェ - Mind-B

実は密かにドーナツの研究をしています。あの穴の向こうには一体何があるんだろう…とか。そんなわけで、先日訪れた松陰神社前で見つけたドーナツ屋『'OLU'OLU(オルオル)』をご紹介。ふんわり生地の優しいドーナツ東急世田谷線・松陰神社駅より徒歩3分くらい、レトロな商店街の奥にあるのがドーナツとベーグルのお店『'OLU'OLU』パッと見、分かりにくいのですがちゃんと看板も出ています。ウッディテイストな店内にはイートインスペースもありますが、訪れた時間は持ち帰りのみとのことでした…残念。ちなみにベー...
松陰神社前『'OLU'OLU(オルオル)』―ふんわりこだわりのドーナツ - Mind-B

吉祥寺に深夜から営業するというドーナツ屋さんがあると聞き行ってみましたよ。それが『ドーナッツプラント 吉祥寺店』兼『セントラルキッチン』です。吉祥寺『ドーナッツプラント』―深夜にできたてドーナツで至福と背徳のひととき『ドーナッツプラント』はニューヨーク生まれのドーナツ屋さんで、卵、化学保存料、化学着色料、人工甘味料、化学調味料、トランス脂肪酸などを一切使わない、カラダに優しいドーナツを販売しているお店です。現在日本では吉祥寺店・青山一丁目店・用賀店・ルミネエスト新宿店の4店舗を展開しており、各...
吉祥寺『ドーナッツプラント』―深夜にできたてドーナツで至福と背徳のひととき - Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました