【クリエイターのためのタスク管理#08】”今日やることリスト”を作る

クリエイターのためのタスク管理 タスク管理・GTD
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

前回の記事で少し説明した”今日やることリスト”について詳しくみていきましょう。

“今日やることリスト”は毎日のレビュー時に各種リストから「その日に」実行可能なタスクを選択したリストになります。

闇雲にタスクを選んでいてはうまくこなせません。
今日やること、あるいはやるべきことは一体何なのか、戦略的に考える必要があります。

スポンサーリンク

“今日やることリスト”を作る

手順としては以下のようになるでしょう。

  1. 「カレンダー」をチェックしてその日にやることが決まっているタスクを抜き出す
  2. 「次にやることリスト」から、今日実行できそうなタスクを抜き出す

ここまでのステップで「カレンダー」には特定の日に実行が確定しているタスクが、「次にやることリスト」には次の行動が決まっているタスクが入っているはずなので、基本的にはこれらから抜き出すだけで”今日やることリスト”はできるはずです。

あとは”今日やることリスト”にあるタスクをこなしていくだけですが、いくつか注意点がありますので解説しておきます。

状況・時間・エネルギーを考慮する

タスクを選ぶ際には状況・時間・エネルギーについて考慮する必要があります。

自宅にいるのに「@会社」のタスクはこなせませんし、次の予定まで30分しか時間がないときに2時間かかるタスクはできません。朝から外出していて疲れているときに、頭や体を酷使するタスクをするのはツラいでしょう。

まずはこれら状況・時間・エネルギーについて、今日実行できるタスクを選ぶことがポイントとなります。

ただし”時間”については正確な見積もりができないとちょっと難しいかもしれません。
時間の見積もりについてはまた別稿で解説します。

欲張りすぎない

実行可能なタスクが複数あると、ついアレもコレもとA4の用紙に盛り込んでしまいがちですが、あまりに長大なリストはモチベーション低下に繋がります(たくさんタスクをこなしても「うへぇ、まだこんなに残ってる…」となりますよね?)。

高い生産性を保つためにはタスクリストは小さめ(大きくてもA6くらい)にする方が良さそうです。

緊急でなく重要なタスクをどうするか

『7つの習慣』などで紹介される4つの領域。

多くの人がタスクを選ぶとき「第1領域:重要かつ緊急」(トラブル対応など)「第3領域:重要ではないけど緊急」(客先への電話など)の順に選ぶのではないでしょうか?

緊急なタスクは相手ありきのことが多いのでどうしても優先的になってしまいがちですが…これではいつまでたっても本来やりたい創作活動(第2領域)に手がつけられません。

そこで出てくるのが”MIT”。
“MIT”(Most Important Task)とはGTDを補完するZTD(Zen To Done)に出てくる考え方で、1日のタスクのうち1〜3個は重要なタスクを入れましょう、というもの。

したがって“今日やることリスト”には、第2領域の「重要だけど緊急でないもの(つまり創作活動)」を最低1つ入れておけば、少なくとも自分の目指す方向を見失わずに済むというわけです。

雑用レベルのタスクも混ぜ込んでおくと便利

タスクの中には「プリンタに用紙を補充する」とか「ミネラルウォーターを注文する」といった雑用レベルのタスクも混ぜ込んでおくと何かと便利です。

私たちの脳はクリエイティブな発想をするマインドフル・ワークと、頭を使わずに行えるマインドレス・ワークを交互に行うと効率よく動いてくれるそうです。

ちょっと大きめのタスクをこなした後は、頭を使わずにできる軽作業をする
たったこれだけで生産性は変わってくるはずです。

まとめ

“今日やることリスト”の作り方について解説しました。

今日やるタスクを選ぶだけなのですが、結構色々な要素が絡んでくることが理解できたでしょうか?

“今日やることリスト”さえ作ってしまえば、あとは粛々とタスクをこなすだけです。

ここまで5回にわたってタスク管理の基礎を解説しました。

次回からはタスク管理が捗るテクニックやツールについて紹介していきます。

参考書籍

タスク管理についてはコチラの記事もどうぞ

前回の記事で各リストに振り分けたタスク。基本的にはここからその日にやるべきタスクを引っ張り出し、粛々とタスクをこなしていくのですが…終了したタスクや新たに発生した「気になること」を放置していては、いずれタスク管理システムが崩壊する可能性があります。そうならないために行うのがリストを最新の状態に更新する、GTDで言うところのレビューです。信頼できるタスク管理には最新状態のリストが必須タスク管理システムがもたらす最大の恩恵は、抱えているタスクやプロジェクトを頭の外に出して管理することで、常に頭をクリ...
【クリエイターのためのタスク管理#07】信頼できるタスク管理には最新状態のリストが必須 - Mind-B

前回の記事で「頭の中の気になること」に対して意味付け、つまりゴールの設定を行いました。今回はそのゴールを達成するために行うべき行動(タスク)を決め、さらにタスクを扱いやすくするために適切な場所への配置する、GTDで言うところの整理ステップについて解説します。次のアクションを決めて適切な場所に配置する「頭の中の気になること」にゴールを設定しただけでは、いつまでたってもゴールに辿り着くことはできません。そのゴールへ進むためのアクション、つまりタスクを決めて行く必要があります。"タスク"と&quo...
【クリエイターのためのタスク管理#06】次のアクションを決めて適切な場所に配置する - Mind-B

前回の記事で「頭の中の気になること」をすべて洗い出しました。しかし気になることを集めただけでは、タスクは一つも解消しません。それぞれの「気になること」についてしかるべき行動を決めてあげる必要があります。これはGTDで言うところの"処理"ステップに該当します。気になることに意味付けをする気になることに意味付けをするとはどういうことか。一言で言うと「それぞれの気になることについて"望むべき結果(ゴール)"を明らかにし、次の行動を決めてしまう」ということです。書き出した「気になること」...
【クリエイターのためのタスク管理#05】気になることに意味付けをする - Mind-B

今回からタスク管理の基本的部分について少し細かく解説していきます。まずは「気になることを一箇所に集める」、GTDで言うところの"収集"ステップについて。タスク管理というと「やるべきこと」に着目しがちですが、抱えているプロジェクトから日常雑務まで、頭の中身を棚卸ししてあげる必要があるのです。気になることを一箇所に集めるタスク管理とは自分がやりたいこと(あるいはやるべきこと)をきちんと把握して管理するための技術です。したがって、まず一番最初にやるべきは自分がやりたいこと・やるべきことを書き出...
【クリエイターのためのタスク管理#04】気になることを一箇所に集める - Mind-B

『クリエイターのためのタスク管理』第3回目はGTDにおける5つのステップについて解説します。個人的にタスク管理の最高峰と信じてやまないGTD。そのワークフローは極めてシンプルなものですが、シンプルゆえに強力な効果を持っています。まずはワークフローの基本となる5つのステップについて理解しておきましょう。GTDにおける5つのステップを理解するGTDは下記の5ステップで構成されています。収集(把握する)処理(見極める)整理レビュー(更新する)実行基本的にはこの5ステップを繰り返すだけです。一見簡単そうですが実は奥が...
【クリエイターのためのタスク管理#03】GTDにおける5つのステップを理解する - Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました