お正月のお出かけにもオススメ「都バス1日乗車券」

オールドレンズを構える奥様 東京案内
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

あけましておめでとうございます。
本年もブログ『Mind-B』をよろしくお願いいたします。

さて、お正月ですね。
皆さんはどんな風にお過ごしでしょうか?

旅行?家族で初詣?それとも初売りセール?
どこへ行っても人・人・人で混み合っていて、ちょっとウンザリしてしまいますよね。

そんなときにオススメしたいのがバスの旅。
お正月は道路もバスも空いているので、とっても快適なんです。
1日乗車券を用意しておけばそれこそ一日遊べちゃいますよ。

というわけで今回は都バスを使ってフラフラとお出かけしてみました。

スポンサーリンク

お正月のお出かけにもオススメ「都バス1日乗車券」

さてさて、まずは新宿西口から「白61」のバスに乗り込みました。

1日乗車券の購入はバス案内所でもできるのですが、お正月は案内所が営業してないんですねー。
というわけで今回は車内で運転手さんに申し出て、ICカード(PASMO)に「都バス1日乗車券」を購入しました(大人500円)。
これでICカードをピッで乗り放題、というわけですな。

特にどこへ行くっていうアテもなかったのですが…「白61」に乗り続けていると練馬方面へ行ってしまうので、ひとまず途中の江戸川橋停留所で下車。

近くに「えと十二支堂」のある大泉寺がありました。
せっかくなのでお詣り。
小さなお堂の中に十二支の守り本尊が安置されていました。

大泉寺を実際に訪れた旅行者が徹底評価!日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルで大泉寺や他の観光施設のクチコミをチェック! 大泉寺は目白で5位の寺・神社です。
大泉寺 クチコミガイド【フォートラベル】 - 4travel.jp

さて江戸川橋停留所に戻り「上58」のバスに乗って上野へ行くことに。
上野は普段よりも閑散としているものの、外国人観光客が多いですなー。

何だか落ち着かないので秋葉原へ移動。
うへえ、秋葉原も人が多い!
みんな元日からなにやってんの?

バスも少し飽きてきたので、歩いて神田経由で皇居方面に向かうことにしましょう。
さすがにオフィス街は人影もまばらでちょっと不気味ですな。

皇居周辺は警官の大集団が。
明日の一般参賀の準備ですかねー。
ちょっと物々しいのでコソコソと日比谷公園へ移動。

さすがに日比谷公園は人が少なめ。
でもどこに行っても人はいるんですねー。
さすが大都会・東京。

帝国ホテル前のMUJI CAFEで休憩。
オヤツは本和香糖のチーズケーキ、うまい。

JR有楽町駅より徒歩4分、東京メトロ日比谷駅より徒歩2分。銀座エリアに便利です。レインシャワー、オリジナルベッド、スタイリッシュなマッサージチェアが快眠と休息をサポートします。
Cafe&Meal MUJI 日比谷 | レム日比谷 | 阪急阪神第一ホテルグループ - www.remm.jp

さらにここから新橋駅まで歩き、最後は都バスで渋谷駅まで。
いやーよく移動したなー。

まとめ

お正月はとにかく道路が空いているので、バスでもストレスなく移動することができました(むしろ発車時間を調整するくらい早く着いちゃいます)。

どこか出かけたいけど人混みはイヤっ、という人にはちょうど良いかもしれませんね。

上手く使えば東京をグルッと一周することもできそうなので、また次の機会にやってみようかなー。

1日乗車券ならこちらの記事もどうぞ

京王線が発行している「京王線・井の頭線一日乗車券」が便利だったのでご紹介。GWも後半に突入しましたが、京王線沿線を満喫したい人はチェックですよ。京王線・井の頭線一日乗車券―京王沿線巡りが捗るきっぷ切符購入当日であれば京王線と井の頭線に何度でも乗り降りできる便利な「京王線・井の頭線一日乗車券」。京王線と井の頭線各駅の自動券売機で購入が可能です。大人は900円、子どもは450円(2016/05/04現在)。かなり便利な切符なのですが、京王線ってもともと運賃が安いので、うっかり無計画に乗ると元を取れない可能性もありま...
京王線・井の頭線一日乗車券―京王沿線巡りが捗るきっぷ - Mind-B

京成電鉄の1日フリーパス「下町日和きっぷ」を使って、ブラブラと下町探検をしてきましたよ。柴又→お花茶屋→堀切菖蒲園→関屋の順で巡りながら写真を撮ってきましたので、紹介しますね。下町フォトウォーク▼柴又といえばこの人ですよね。▼寅さんといえば帝釈天。▼参道にはお土産や食べ歩き用にせんべいや団子が売ってますよ。▼場所を移してお花茶屋へ。ママ友の社交場・オハナカフェで休憩。▼お花茶屋商店街で見つけた何か…犯人は私ではない。▼続いて堀切菖蒲園へ。菖蒲の季節にはまだ早かった。▼アヤメは咲いてましたよ。▼ボタンもチ...
フリーパスで下町フォトウォーク - Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました