今さら『ビリーズブートキャンプ』をやって感じた効果

Pocket

スポンサーリンク

ビリーズブートキャンプ

奥様がダイエットのために購入した『ビリーズブートキャンプ』。
「一人でやっても続かないから」と(半ば巻き添えで)4月から一緒にやっているのですが……これがなかなかいい感じでして。

筋肉がついて身体が締まるのはもちろんのこと、ランニングにもいい影響が出ているんじゃないかということで、『ビリーズブートキャンプ』を2ヶ月やってみて感じた身体への効果を紹介します。

スポンサーリンク

『ビリーズブートキャンプ』とは

『ビリーズブートキャンプ』はビリー・ブランクス氏による軍隊式エクササイズDVD。
10年くらい前に日本でも大ブームになったのでご存知の方も多いのではないでしょうか?

かく言う私も10年ほど前に知人にDVDを借りてチャレンジしてみましたが、1日で脱走兵になった記憶があります。

今回10年ぶりにビリー隊長との再会というわけで、気分は「恥ずかしながら帰って参りました」という感じ。

DVDは4枚組「基本プログラム」「応用プログラム」「腹筋プログラム」「最終プログラム」からなっており、この4枚を1週間かけてこなすというものです(もちろん1週間で身体が締まるというわけではなく、継続する必要がありますが)。

また付属の「ビリーバンド」(要するにゴムバンド)を使うことで身体にかかる負荷を高め、より効率よくエクササイズができるというのが触れ込みですが、今回のDVDはメルカリで買ったのでビリーバンドは付属せず。
別途Amazonで類似品を購入しました。

開始から2ヶ月経過の感想

今のところ「基本プログラム」と「腹筋プログラム」を中心に週2〜3回の頻度でエクササイズしています。

やり始めの1〜2週間は筋肉痛に悩まされますが、そこをクリアすると余裕でこなせるようになるんじゃないかと。

身体の変化としてはまず脚の筋肉がかなりつきます。
「基本プログラム」はスクワットの回数が比較的多いからかなーと。
脚が太くなる可能性もあるので、程々にしておかないと細身のパンツがきつく感じるかもしれません(実際私は感じました)。

あとは腕周りや腹筋もじわじわと効果が出てきます。
さすがにシックスパックには届きませんが、ツーパックくらいなら早い段階でできるかも。

筋肉量が増えるので、一時的に体重が増えますが、その分基礎代謝もアップしているのでここはあまり気にしなくて良いと思います。

特筆すべきはランニングに良い影響が出ていること。
ある程度長時間走っても疲れにくくなり、スピードが落ちることがなくなりました(むしろ足が速くなっている)。
これは今後のマラソン大会も期待できるんじゃないかなーと思ってます。

まとめ

というわけで、今さらながらの『ビリーズブートキャンプ』を紹介しました。

これまで続かなかった筋トレですが(あまり好きじゃないので)、ビリー隊長の叱咤激励を受けているとなぜか続くんですよねー。
ランニングにいい影響が出るのなら、もっと早くやっておけば良かったと軽く後悔してみたり。

最初の2週間は辛いですが、そこを乗り切って真面目にやればきちんと効果が出るので、夏前に身体を絞りたい人にはおすすめですよー。

トレーニング関連の記事はコチラもどうぞ


Pocket

Tags:
スポンサーリンク

関連記事

2018-06-04 | Posted in ランニングNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)