やる気が出なくてどうしようもないときに試したい3つの方法

さかな 思考・仕事術
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

仕事やブログをやらなきゃとは思うんだけど、どうにもやる気が出ない。

その背景には低気圧のせいだったり、寒さのせいだったり、疲れすぎているせいだったり、いろいろと理由があったりするものです。

とは言え、やるべきことをちゃんとやっておかないと後で痛い目を見るのは自分なので、とりあえず何かしらやる気の出そうな方法を考えてみました。

スポンサーリンク

1.とりあえず手をつけてみる

どんなに気が乗らない作業でも、初期摩擦を乗り越えてしまえば意外とすんなり進んでしまう、なーんてことは結構あるもの。

仕事であれば作業の準備をしたり手順を確認したりする。ブログを書くならエディタを立ち上げる。これくらい小さな、作業とは呼べないレベルから手をつけるのも一つの方法なんじゃないかと。

初期摩擦を乗り越えた後は、ポモドーロ・テクニックなんかを使っていけば、いい感じに集中できるかもしれませんな。

Macアプリ『Just Focus』―“ポモドーロ・テクニック”用タイマーを使って作業効率アップ
このところ仕事のためにコワーキングスペースを利用することがあるのですが、作業に集中しすぎるあまり、気付いたら目・肩・腰がバッキバキになることがよくありまして。 これはいかんなーということで、久しぶりに “ポモドーロ・テクニック...

2.作業を効率化できる仕組みを作っておく

気が乗らない作業の中には単に面倒くさいから手をつけたくない、なんてものもあったりします。

大体そういうときは頭を使いたくないときだったりするので、頭を使わなくていい仕組みを作っておくと便利。

マニュアルやテンプレート、チェックシート、作業フローみたいなものを事前に作っておき、とりあえずそれに沿ってやれば作業が進むようにしておくと良いんじゃないかと。

どこから手をつければいいか分からない作業には"型"を集めて対処する
Karate kick at sunrise / bluesbby やらなきゃいけないことがたくさんあるんだけど、どこから手を付けて良いか分からない。そういうことよくありますよね。 昨日の記事で書いた通り、タスクを細分化するとい...

3.思い切って作業から離れる

どうしてもやる気が出ないってときは、一旦作業から離れてしまうのもありかもしれません。

PCの前から離れてお茶を飲む、家事をする、散歩に行く、運動する、寝る……などなど、思い切って気分転換をすれば、やる気も復活してくるかも。

ただしあまり気分転換ばかりしていると作業が1ミリも進まないので注意が必要だったりします。

自分にとっての"いい感じの場所"を増やす
そこに行くだけで何となく元気になれる。いい感じにインスピレーションを得られる。 たとえば小洒落たカフェだったり、こだわりのある本屋だったり、小さな神社だったり、海辺だったり。 そういう場所をたくさん持っている人は幸せなん...

まとめ

個人的には軽くランニングして気分転換してます。PCの前に座りっぱなしだと肩や腰が疲れるし、走って血の巡りを良くすれば頭も冴えるんじゃないかなーと(疲れない程度に)。

自分なりの集中力・生産性アップ方法をいろいろと編み出しておくと、本当にやる気が出なくてヤバいってときに役立ったりするのでオススメですよー。

生産性を高める20の小技
Productivity: Getting Personal Kanban to Done / orcmid 暑い時期は集中力が欠落して、どうしても生産性が落ちますよね。 やらなきゃいけないことはあるのにやる気がでない…そこで生...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました