『椿堂茶舗』の茶房『竹聲(ちくせい)』伏見の老舗でお茶をいただく[京都旅行記#03]

Pocket

スポンサーリンク

DSC_5741

京都といえばお茶。

というわけで、京都・伏見で130年の歴史がある「椿堂茶舗」に併設された茶房「竹聲(ちくせい)」に行ってきましたよ。

2015年1月京都旅行記のまとめはコチラ

2015年1月京都旅行まとめ – Mind-B

スポンサーリンク

『椿堂茶舗』の茶房『竹聲(ちくせい)』伏見の老舗でお茶をいただく

京阪線墨染駅から歩いて1分のところにある「椿堂茶舗」。

DSC_5736

「椿堂茶舗」の脇にある小道を奥に入ると茶房「竹聲」がありますよ。

DSC_5738

お茶のことはよく分からないので…飲み慣れているほうじ茶セットを注文してみました。

DSC_5740

砂時計で1分、茶葉が開くのを待ったら飲めます。
普段飲んでいるほうじ茶よりも味が濃いという印象…うーん、大人の味。

IMG_0550

お茶うけには季節の生菓子もついてます。
上品な甘さでお茶の苦味に合います。
器も美しいですねぇ。

落ち着いた雰囲気の店内で上質なお茶をいただく…何とも贅沢な時間ですな。

通りに面した「椿堂茶舗」では色々な種類の茶葉や茶器を販売していました。
お土産にお茶を買っていくのも良いですね。
オンラインショップもあるようなので、ご興味があればどうぞ。

京都・伏見 椿堂茶舗

Pocket

Tags:
スポンサーリンク

関連記事

2015-01-21 | Posted in 旅行No Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)