深大寺鬼燈まつり

Pocket

スポンサーリンク

DSC02667

東京・調布にある深大寺で鬼燈まつりが開催されています。

ほおずきを提灯に見立て、精霊をお迎えする深大寺夏の風物詩なんだとか。
ちなみに”ほおずき”は漢字で”鬼灯”とか”酸漿”と書くのですが、このまつりでは”鬼燈”と表記するそうですよ。

そんな鬼燈まつりの様子をお伝えします。

スポンサーリンク

鬼燈まつりの様子など

深大寺には京王線のつつじヶ丘駅・調布駅、JRの吉祥寺駅・三鷹駅からバスが出ています。

深大寺バス停を降りてすぐのところに深大寺があります。

入ってすぐにゲゲゲの方々がお出迎え。
この辺りは水木しげる先生とゆかりがあるみたいですな。

DSC02668
DSC02669

いたるところでほおずきが売っていますよ。

DSC02673
DSC02676
DSC02681

売り子のお姉さんの浴衣がまぶしいですな。

DSC02688
DSC02705
DSC02704

お祭りなので色々な露店が出ているほか、手作り市や物産店、パフォーマンスライブなどもやっていて、猛暑にもかかわらず結構な混雑でした。

DSC02674
DSC02689

風流ですな。

DSC02685

まとめ

深大寺は色々と見どころがありそうだったのですが、あまりの暑さに早々に退散。

また涼しくなったら探検してみたいと思います。

今年の鬼燈まつりは明日まで開催なので、ご興味あればどうぞ。

Pocket

Tags:
スポンサーリンク

関連記事

2015-07-19 | Posted in 写真・カメラNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)