『LOMO LC-A MINITAR-1 Art Lens』開封の儀と試写

写真・カメラ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

Lomographyから発売されたレンズ『LOMO LC-A MINITAR-1 Art Lens』の開封の儀と試写レポートです。

トイカメラの傑作として名高い「LOMO LC-A」
特徴的な描写のレンズは世界中の人を虜にしてきました。

そのレンズを交換レンズ式カメラで使えるようにしたのが今回紹介する『LOMO LC-A MINITAR-1 Art Lens』

さっそく見てみましょう。

スポンサーリンク

開封の儀

こんな感じのパッケージに入っています。
早速開けてみましょう。

レンズが出てきました。

箱の中身はこんな感じです。
レンズ・マニュアル・レンズケース・クリーニングクロスが入っています。

レンズはこうなっています。
LC-Aと同様、右下のレバーで距離を設定する仕様になってます。

LC-Aと異なるのは絞りが設定できること。
f2.8〜22まであります。

横から見たところ。
かなり薄いパンケーキレンズです。

絞り22にしたところ。

絞り2.8にしたところ。

ちなみにこのレンズはライカMマウントなので、その他メーカーのカメラで使う場合はマウントアダプタが必要になります。

私もマウントをかましてSONY α7Ⅱに装着してみました。

カメラに付けると薄さ・小ささがよく分かりますね。

いざ試写へ

さてさて、新しいレンズは使ってみないと分かりませんので、井の頭公園で試写をしてきましたよ。

まずは池でも撮ってみましょう。
周辺光量の落ち方はLC-Aっぽいですね。

絞り5.6で撮ってみましたが、周囲がかなり流れています。


中心部はかなりクッキリ写っていますね。
発色も悪くないと思います。

ピントの合っていない部分はかなりボケますね。


絞りがどれくらい効くのかテストしてみました。
まずは2.8。

4。

5.6。

8。

11。

16。

22。

…ちょっと分かりづらいかもしれませんが、f値を大きくすれば奥の方の自転車までピントがあっているようです。

まとめ

LOMO LC-Aが好きでフィルムカメラを使い続けていましたが、今回のコチラのレンズはかなりLC-Aに近いものがあるんじゃないかと思います。

フィルムと違って写りがクッキリするところは好みが分かれそうですが、私はそれほど気にならないかな。
フィルムを現像に出すワクワク感はないですが、撮ってすぐ確認できるのも悪くないです。

とにかく小さくて軽量、距離をレバーで決めてシャッターを切るだけなので、街中でのスナップで活躍できそうです。

もう少し練習して使い慣れてみたいですね。

コチラの記事もどうぞ

ワタシの愛用のトイカメラ「Lomo LC-A(写真はLC-A+)」。全国的に愛用されている方も多いと思います。基本的に露出はオートだし、距離感さえ間違えなければ撮影できるお気軽で楽しいカメラなのですが…1つだけ注意しないといけないことがあります。先日ウッカリとやらかしてしまったので、実例を踏まえてご紹介。LC-Aの欠点…それは電池がないと動かないこと個人的にLC-Aはとても気に入っていて、なぜか4台くらい所有しているのですが(1台はジャンク…貴重なソ連製なので直したいのですけど)、一つだけ残念な点があるんですね。それは...
Lomo LC-Aユーザーが気をつけるべきただ一つのこと - Mind-B

今年の1月に京都旅行に行きました。デジカメで撮影した写真は以前に旅行記として公開していますが、トイカメラのLOMO LC-Aで撮影した写真の現像が終わりましたので公開しておきます。デジタルとは違った描写をお楽しみください。トイカメラと京都▼壁一面に貼り付けられていた鳥居…要するに立ちション禁止ですな。▼フォントのステキな喫茶店。地下でも結構写りますな。▼初日に訪れた恵文社。▼京町家と鍾馗さま。ズームレンズが無ければ無いなりに。▼シブい美容室。▼よく見かけるコレ…なんて名称なんでしょうね?路地?▼路地がステキ。路...
トイカメラで巡る京都の旅 - Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました