ベルギーのグルメ事情

旅行
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

フリッツマン

ベルギーでは結構色々なものを食べました。
定番的なものばかりですが紹介しておきます。

ベルギーワッフル

ベルギーといえばワッフル。
日本のたい焼きみたいなポジションで、食べ歩きをしている人がたくさんいました。
結構大きくて価格は2ユーロ前後。

このままでもおいしいですが、現地の人たちはクリームとかチョコレートをトッピングして食べていました。

フリッツ

フリッツもベルギー名物。
太めのフライドポテトですな。
旨さの秘密は二度揚げなんだそうですよ。

ソースは店によって色々な種類が選べるみたいです。
これはマヨネーズ。

ベルギービール

ベルギーといえばビールと言う人も多いのでは?
缶ビールがミネラルウォーターよりも安い価格で売っているくらいビールは日常的な飲み物みたいです。

これは代表的なベルギービールらしいです。
Leffeでレフ。
ベルギーのビールには色々な種類があり、これはアビイビールという修道院ビールの一種だそうです。

写真だと黒いですが濃い茶色。
日本のビールに比べると甘くて、喉越しよりも味わう感じですかね。
アルコール度数は高めです。

ベルギーの人は昼間からカフェでビールを飲んでます。

ベルギーのカフェ

ベルギーは街の至るところにカフェがあります。
この時期は日の沈む時間が遅い(20時くらい)なので、日当たりのいい場所でコーヒーやビールを飲んでいる人が多いです。

エスプレッソ

コーヒーを注文すると小さなお茶うけ菓子がついてくるみたいです。

ベルギーカフェ

もちろん食事をすることも可能ですよ。
これはスモークサーモンのオープンサンド。

他にもアジア系の食事ができる店も結構あるので、米が恋しくなったらそういう店を探してみるのも良いかも。

ムール貝も名物ですが食べそびれた…。

ベルギー旅行まとめ記事はコチラをどうぞ

2015年ベルギー旅行記まとめ – Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました