会津・麟閣―千利休の次男が建てた由緒ある茶室

麟閣 旅行
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

鶴ヶ城公園内にある茶室・麟閣に行ってきたのでご紹介。

千利休の次男・千少庵に縁のある茶室ということで、茶道を学んでいる身としてはとても興味深い建物でした。

2016年8月の会津旅行記まとめはコチラ

2016年8月に出かけた会津旅行関連記事のまとめです。主に会津若松の観光・グルメと喜多方ラーメンについて書いています。2016/08会津旅行まとめ―会津の観光と喜多方ラーメン会津の観光会津戦争の舞台となった鶴ケ城。千利休の次男が建てたとされる茶室・麟閣。白虎隊悲劇の地とさざえ堂。会津のグルメ会津のご当地グルメ、ソースかつ丼。会津といえば喜多方ラーメン。まとめ青春18きっぷを使いのんびりと訪れた会津若松。街中の空気もどこかのんびりしていて、のどかな所でした。今回紹介したスポット以外にもレトロな街並みがあったり...
2016/08会津旅行まとめ―会津の観光と喜多方ラーメン - Mind-B

スポンサーリンク

会津・麟閣―千利休の次男が建てた由緒ある茶室

鶴ケ城公園内の一角にある茶室・麟閣。
千利休が豊臣秀吉の命で切腹した後、千家の取り潰しによって茶道が廃れることを恐れた会津城主・蒲生氏郷が利休の子である千少庵をかくまっているときに、少庵が建てたと伝えられています。

蒲生氏郷が秀吉に千家再興の許しを得たことによって少庵は京都に戻り、現在の表・裏・武者小路の三千家に分かれたそうです。

つまり蒲生氏郷がいなければ、現在の茶道はなかったのかも?
なかなか興味深いですなー。

麟閣の表門、裏千家家元によって書かれた扁額が掲げられています。
ちなみに裏門には武者小路千家家元、茶室には表千家家元によって書かれた扁額もあります。

客人が身支度を整える寄付(よりつき)。

客人が茶席に呼ばれるのを待つ待合(まちあい)。

茶席に入る前に手を清めるつくばい。

茶室に出入りするにじり口。


一見すると茶室のようですが、本来は書院的な部屋だそうです。

茶室に入ることはできませんが、別料金で抹茶を一服いただくこともできます。
お菓子は薯蕷(じょうよ)饅頭。ほのかに山芋の香りがして、大変美味しゅうございました。

まとめ

茶道を学んでいなければあまり興味がなかったであろう麟閣。
いやー、何がキッカケでモノの見方が変わるか分かりませんなー。

茶室の中には千少庵が自ら削ったと伝えられる床柱もあるので、茶道に興味のある人は一度訪れてみると面白いかもしれませんね。

会津に行くならコチラもチェック

蒲生氏郷、伊達政宗、上杉景勝らの名将が城主を務め、幕末には会津戦争の舞台として大河ドラマにも登場した鶴ケ城。今回はそんな会津の名城・鶴ヶ城をご紹介。2016年8月の会津旅行記まとめはコチラ会津・鶴ケ城―大河ドラマの舞台にもなった堅城会津若松駅から周遊バス『ハイカラさん』に揺られること約20分。「鶴ヶ城入口」バス停で下車し歩いて5分ほどで鶴ケ城天守閣が見えてきます。伊達政宗・蒲生氏郷・上杉景勝ら名将が城主を務めた後、幕末には会津戦争の舞台として1ヶ月にも及ぶ籠城戦が行われた鶴ケ城。2013年には大河ドラマの...
会津・鶴ケ城―大河ドラマの舞台にもなった堅城 - Mind-B

会津若松のご当地グルメ・ソースカツ丼。ご飯に敷き詰められたキャベツの上に甘口ソースたっぷりのトンカツが乗せられた料理です。今回はソースカツ丼ならぬソースカツ重を提供しているお店『とんかつ大将』をご紹介。2016年8月の会津旅行記まとめはコチラ会津若松『とんかつ大将』―会津のご当地グルメ・ソースカツ丼をガッツリとお重で会津若松駅のお隣、七日町(なぬかまち)駅から徒歩10分ほどの場所にある『とんかつ大将』。会津若松駅からも歩けますが、ちょっと遠いかも。店内は奥に細長く、カウンター席、テーブル席、小上がり...
会津若松『とんかつ大将』―会津のご当地グルメ・ソースカツ丼をガッツリとお重で - Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました