台北の雰囲気を写真多めでお届け

台北101 旅行
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

遠いようで近い台北。
行ったことがない人にとってはどんな場所だか気になりますよね?

というわけで、今回は私の眼とレンズを通して見た台北の雰囲気を写真多めでお届けします。

スポンサーリンク

台湾の華・爆走スクーター

台北の街はとにかくバイク(スクーター)の数が半端ないです。
信号が青になると同時に爆走してきます。

スクーターだけでなく自動車もタクシーもバスも運転は荒いです。
信号が青でも止まって歩行者に道を譲るということはまずありませんでした。


そして路地だろうが店の前だろうがお構いなしにバイクを停めます。
人間よりバイクのほうが多いんじゃないかって感じ。

いたるところで物を売っている



ちょっと路地裏に入ると屋台があったり、野菜や果物が売っていたり、冷蔵庫やら食器やらが積み上げられていて…

鍋で麺を茹でていたり、鉄板でモチを焼いていたり、とうもろこしを茹でていたり…とにかくいたるところで何かを売っています。

台北で一番最初に食べたのが路地裏で売っていた米粉麺。

これで25元(約100円)!
これなら1日300円生活も実現可能かも。

ちなみにスターバックスのコーヒーは日本の価格とあまり変わりませんでした。

街中でも犬や猫が多い



台北では放し飼いの犬を多く見かけました。
勝手にフラフラと散歩しているみたいで、なんというかおおらかな感じですねー。
吠えたり噛み付いたりはしてきませんが、ちょっとドキドキしますな。


猫はどこの国でもあまり変わりませんね。
マイペース、マイペース。

ゲームセンターはクレーンゲームが多い?

街中や地下街でゲームセンターをよく見かけたのですが、基本的にクレーンゲームばかりでしたねー。
ビデオゲームみたいなのはないのかな?

工事の看板がユルい

日本の工事現場の看板は申し訳無さそうな顔をしていますが、台北の工事現場の看板はなぜか笑顔のものが多かったです。
もっといろんな種類を撮っておけばよかったなー。

一応観光スポットなども

MRT國父紀念館站のすぐ近くにある『國父紀念館』
台湾の父・孫文を讃えるために作られたそうですよ。

こちらが孫文さんの像…孫文さんって大きかったんですねー(違う)。

ガイドブックなどでも有名な衛兵。
毎時0分に交代の様子が見れるみたいですよ。

台北101もすぐ近くにあります。

國父紀念館の後ろでは台湾ドームが建設中。
屋根の上には作業員の姿が…おっかねえ。

こちらはMRT中正紀念堂站近くの『中正紀念堂』
蒋介石を記念して建てられたそうですよ。
訪れた日は外壁の工事中でシートに覆われてました…残念。

こちらが蒋介石さんの像。
指導者というのはみんなビッグなんですねー(違う)。

まとめ

以上、ざざざっと台北の雰囲気をお届けしました。
雰囲気、伝わりました?

これで台湾旅行の記事は終わりです。

今回の台湾旅行後、私たち夫婦はすっかり台湾が気に入ってしまい、次はいつ行くかなどと計画しております。

台湾にご興味があれば、ぜひ現地で合流しましょう〜。

台湾旅行の記事はコチラもどうぞ

台北の旅で楽しみにしていたことの一つが夜市。安くておいしい屋台があるとか、謎のゲームがあるとか、事前の情報はそれなりに得ていたものの、実際に足を運んでみると想像以上に楽しい場所でした。今回訪れた『楽華夜市』と『寧夏夜市』をご紹介。どちらもアジのある夜市で、見どころ満載でしたよー。観光客の少ないローカル夜市『楽華夜市』まず初日に訪れたのが台北市のお隣・新北市の『楽華夜市』。最寄り駅はMRTの頂溪站になります。こちらはかなりローカルな夜市で、観光客もほとんど訪れないのだとか。観光客相手というよりは地...
台湾『楽華夜市』と『寧夏夜市』―夜の台湾も楽しい - Mind-B

日本人にも人気のある台北の雲南料理店『人和園雲南菜』をご紹介。雲南料理って四川料理や広東料理に比べるとあまり聞き慣れないジャンルですが、素朴な味付けで日本人の口にも合うおいしい料理でしたよー。台北『人和園雲南菜』―素朴な味付けに箸が止まらない雲南料理の店MRT中山國小站から歩くこと数分、突如現れるのが『人和園雲南菜』今回の旅の中では圧倒的に立派な店構えでちょっとビビります。席に案内されるとカタコトの日本語が話せる店員さんが、オーダーを取りに来てくれたので、とりあえずガイドブックに載っていたオスス...
台北『人和園雲南菜』―素朴な味付けに箸が止まらない雲南料理の店 - Mind-B

今回の台北旅行に行くにあたり、友人からオススメされた『棻蘭家厨』旅行前から奥様と楽しみにしていたお店です。家庭的な料理をリーズナブルにお腹いっぱい食べることができるお店でしたよー。台北『棻蘭家厨』―丁寧に作られた家庭料理をモリモリっと食べられるお店台北の流行発信地・忠孝敦化站から歩くこと10分ほど。何だか普通の住宅地のようなところにあるのが『棻蘭家厨』台北ではおなじみの光景、路上駐車されたスクーターの奥にひっそりとお店があります。これは看板がなかったら通り過ぎるレベルですな。入り口の網戸をガラリ...
台北『棻蘭家厨』―丁寧に作られた家庭料理をモリモリっと食べられるお店 - Mind-B

台湾旅行3日目の朝食は朝から小籠包を食べることができるお店『鼎元豆漿』に行ってきましたよ。旅行前は台北で小籠包を食べるぞーなんて奥様と話をしていたのですが、実際なかなか食べる機会がなくて、結局最終日の朝食で食べることにしました。朝からしっかり食べたい人にはオススメのお店ですよー。台北『鼎元豆漿』―朝から小籠包を食べることができる豆漿店MRT淡水線の中正紀念堂站から徒歩3分ほどのところにある『鼎元豆漿』。コチラのお店も人気店とのことで、店の外まで行列ができている……と思ったら、行列はテイクアウトの人た...
台北『鼎元豆漿』―朝から小籠包を食べることができる豆漿店 - Mind-B

先日の台北旅行では毎朝外へ朝ごはんを食べに出かけました。ホテルにも簡単な朝食はあったのですが、どうせなら現地の人と同じものをということで、台北の代表的な朝食“豆漿“を食べることに。今回は豆乳パンが大人気の『秦小姐豆漿店』で食べた朝ごはんを紹介します。台北『秦小姐豆漿店』―大人気の豆乳パンと豆漿で朝ごはんMRT松山新店線の台北小巨蛋站(台北アリーナ駅)から徒歩10分ほどのところにあるのが『秦小姐豆漿』MRT板南線の國父記念館站や忠孝敦化站からも歩いて行けます。周囲はものすごいローカル感漂う場所。朝市になっ...
台北『秦小姐豆漿店』―大人気の豆乳パンと豆漿で朝ごはん - Mind-B

台湾ではいろいろと初めての食べ物に挑戦しましたが、その一つが台湾スイーツの豆花(トウファ)。豆腐プリンに甘いシロップとトッピングを乗せただけのシンプルなスイーツですが、これが食後のお口直しにちょうどいいんですねー。今回の旅では2軒のお店で豆花を食べたので、それぞれの豆花をご紹介。ローカル夜市の近くにある『手工同家豆花』まず1軒目は台湾のローカル夜市・楽華夜市の近くにある『手工同家豆花』。看板の似顔絵にあるイケメン兄弟のお店です。2017年3月にできたばかりの店とのことで、キレイでシャレた感じですな。...
『手工同家豆花』と『豆花荘』―台湾スイーツ・豆花の食べ比べ - Mind-B

日本で茶道を学んでいる私たち夫婦ですが、せっかくなので台湾式のお茶も体験しようということで、功夫式のお茶が楽しめる『青田茶館』に行ってきました。丁寧に淹れた香りの良いお茶を何杯も楽しめる素敵な場所でしたよー。台北『青田茶館』―丁寧に淹れた中国茶を閑静な日本家屋で楽しむ贅沢な時間MRT東門站から10分ほどの場所にある『青田茶館』もともとこの辺りは日本統治時代に文教地区として使われていて、この建物も台北帝国大学(現台湾大学)の教授の家として使われていたそうです。隣にはギャラリーの『敦煌畫廊』が併設され...
台北『青田茶館』―丁寧に淹れた中国茶を閑静な日本家屋で楽しむ贅沢な時間 - Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました