台湾『楽華夜市』と『寧夏夜市』―夜の台湾も楽しい

寧夏夜市 旅行
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

台北の旅で楽しみにしていたことの一つが夜市。

安くておいしい屋台があるとか、謎のゲームがあるとか、事前の情報はそれなりに得ていたものの、実際に足を運んでみると想像以上に楽しい場所でした。

今回訪れた『楽華夜市』と『寧夏夜市』をご紹介。
どちらもアジのある夜市で、見どころ満載でしたよー。

スポンサーリンク

観光客の少ないローカル夜市『楽華夜市』

まず初日に訪れたのが台北市のお隣・新北市の『楽華夜市』。
最寄り駅はMRTの頂溪站になります。

こちらはかなりローカルな夜市で、観光客もほとんど訪れないのだとか。
観光客相手というよりは地元の人相手のお店が多いので、価格が安いのが特徴です。

今回初めて食べた「臭豆腐」。
麻辣的な味付けでそれほど臭みは感じませんでした。
モツ煮みたいな匂い…ですかね。

続いては「雞絲飯」。
細切りにした鶏肉とタレをかけたご飯…なんですかね?
「鶏肉飯(チーローハン)」と同じようなものなんでしょうか。旨味ー!

焼きニラ饅頭。
シャキシャキしたニラがたっぷりで旨味ー!

食べ物以外にもジーンズが1本200元(約800円)で売っていたり、風船を割る射的のような物があったりと見どころがたくさんありますよ。

楽華夜市はローカル感が強い分、夜市の中をスクーターが爆走してきたりと若干デンジャーな部分があるので注意注意。

ちなみに『楽華夜市』の近くには「手工同家豆花」もあるので、露店でお腹を満たした後はデザートに豆花、というのもありですね。

ミッチリと露店が並ぶ『寧夏夜市』

お次はMRT中山站と雙連站の中間くらいにあるのが『寧夏夜市』。
300メートルほどのまっすぐな道の両脇にミッチリと露店が並んでいます。



ズラーッと並んだB級フード感の半端ない露店。
たくさんの人(おそらく地元の人)が夕食をとっていました。

中には著作権ギリギリな感じの焼きまんじゅうが売っていたり

景品がもらえるゲームや金魚すくいなんかもありました。

コチラの夜市は夕食後に訪れたため何も食べなかったのですが、お腹を空かせて足を踏み入れたらキケンな感じですね…。

コチラの夜市はスクーターが爆走してくることはありませんが、通路が狭くて人が密集しているので、人にぶつかったりスリには気をつけたほうが良いかもです。

近くには「豆花荘」もあるので、シメに豆花というのもオススメですよー。

台湾の夜って、どこか映画『ブレードランナー』っぽいですな。

まとめ

台湾の夜市と言うと「士林夜市」や「饒河街夜市」が有名ですが(行ったことないけど)、今回訪れたくらいの規模の夜市だと落ち着いて見て回れるんじゃないかと思いますよー。

夜市で地元の人たちに混ざって食事をする、というのもなかなかオツな体験かもしれませんな。

台湾グルメはコチラの記事もどうぞ

日本人にも人気のある台北の雲南料理店『人和園雲南菜』をご紹介。雲南料理って四川料理や広東料理に比べるとあまり聞き慣れないジャンルですが、素朴な味付けで日本人の口にも合うおいしい料理でしたよー。台北『人和園雲南菜』―素朴な味付けに箸が止まらない雲南料理の店MRT中山國小站から歩くこと数分、突如現れるのが『人和園雲南菜』今回の旅の中では圧倒的に立派な店構えでちょっとビビります。席に案内されるとカタコトの日本語が話せる店員さんが、オーダーを取りに来てくれたので、とりあえずガイドブックに載っていたオスス...
台北『人和園雲南菜』―素朴な味付けに箸が止まらない雲南料理の店 - Mind-B

今回の台北旅行に行くにあたり、友人からオススメされた『棻蘭家厨』旅行前から奥様と楽しみにしていたお店です。家庭的な料理をリーズナブルにお腹いっぱい食べることができるお店でしたよー。台北『棻蘭家厨』―丁寧に作られた家庭料理をモリモリっと食べられるお店台北の流行発信地・忠孝敦化站から歩くこと10分ほど。何だか普通の住宅地のようなところにあるのが『棻蘭家厨』台北ではおなじみの光景、路上駐車されたスクーターの奥にひっそりとお店があります。これは看板がなかったら通り過ぎるレベルですな。入り口の網戸をガラリ...
台北『棻蘭家厨』―丁寧に作られた家庭料理をモリモリっと食べられるお店 - Mind-B

台湾旅行3日目の朝食は朝から小籠包を食べることができるお店『鼎元豆漿』に行ってきましたよ。旅行前は台北で小籠包を食べるぞーなんて奥様と話をしていたのですが、実際なかなか食べる機会がなくて、結局最終日の朝食で食べることにしました。朝からしっかり食べたい人にはオススメのお店ですよー。台北『鼎元豆漿』―朝から小籠包を食べることができる豆漿店MRT淡水線の中正紀念堂站から徒歩3分ほどのところにある『鼎元豆漿』。コチラのお店も人気店とのことで、店の外まで行列ができている……と思ったら、行列はテイクアウトの人た...
台北『鼎元豆漿』―朝から小籠包を食べることができる豆漿店 - Mind-B

先日の台北旅行では毎朝外へ朝ごはんを食べに出かけました。ホテルにも簡単な朝食はあったのですが、どうせなら現地の人と同じものをということで、台北の代表的な朝食“豆漿“を食べることに。今回は豆乳パンが大人気の『秦小姐豆漿店』で食べた朝ごはんを紹介します。台北『秦小姐豆漿店』―大人気の豆乳パンと豆漿で朝ごはんMRT松山新店線の台北小巨蛋站(台北アリーナ駅)から徒歩10分ほどのところにあるのが『秦小姐豆漿』MRT板南線の國父記念館站や忠孝敦化站からも歩いて行けます。周囲はものすごいローカル感漂う場所。朝市になっ...
台北『秦小姐豆漿店』―大人気の豆乳パンと豆漿で朝ごはん - Mind-B

台湾ではいろいろと初めての食べ物に挑戦しましたが、その一つが台湾スイーツの豆花(トウファ)。豆腐プリンに甘いシロップとトッピングを乗せただけのシンプルなスイーツですが、これが食後のお口直しにちょうどいいんですねー。今回の旅では2軒のお店で豆花を食べたので、それぞれの豆花をご紹介。ローカル夜市の近くにある『手工同家豆花』まず1軒目は台湾のローカル夜市・楽華夜市の近くにある『手工同家豆花』。看板の似顔絵にあるイケメン兄弟のお店です。2017年3月にできたばかりの店とのことで、キレイでシャレた感じですな。...
『手工同家豆花』と『豆花荘』―台湾スイーツ・豆花の食べ比べ - Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました