台北『人和園雲南菜』―素朴な味付けに箸が止まらない雲南料理の店

スナップエンドウのスープ 旅行
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

日本人にも人気のある台北の雲南料理店『人和園雲南菜』をご紹介。

雲南料理って四川料理や広東料理に比べるとあまり聞き慣れないジャンルですが、素朴な味付けで日本人の口にも合うおいしい料理でしたよー。

スポンサーリンク

台北『人和園雲南菜』―素朴な味付けに箸が止まらない雲南料理の店

MRT中山國小站から歩くこと数分、突如現れるのが『人和園雲南菜』

今回の旅の中では圧倒的に立派な店構えでちょっとビビります。

席に案内されるとカタコトの日本語が話せる店員さんが、オーダーを取りに来てくれたので、とりあえずガイドブックに載っていたオススメ料理をオーダー。

まず最初に出てきたのがスナップエンドウのスープ。
あっさりとしたスープにスナップエンドウのプチプチした食感が面白い。旨味ー!

続いては「わらびの花椒油和え」。
シャキシャキしたわらびに、ほんのりと花椒が香ります。旨味ー!

お次は「マコモダケと牛肉の炒め物」
マコモダケって多分初めて食べたのですが、シャキッとした食感が良いですね。
これは白飯が欲しくなりますなー…旨味ー!

カリカリになったエリンギの炒め物。
ちょっとピリッとしていて、これは完全におつまみですな…ビール飲みたい。旨味ー!

コチラはエビのすり身を豆に巻いたもの。
フワッとしたエビと、ホクッとした豆の絶妙のハーモニー……旨味ー!

ちょっとご飯物もってことでチャーハン。
変な味付けは一切なく、正統派のチャーハンですよ。旨味ー!

締めには「過僑麺」
店員さんが鶏スープの入ったドンブリに肉をしゃぶしゃぶの要領で入れ、それから麺と具を入れて完成する麺です。

こちらが取り分けてもらった過僑麺。
肉と野菜の他に湯葉も入っています。

ツルツルっと食べることができて締めにピッタリですな。旨味ー!

デザートにスイカを食べておしまい。
いやー満足満足。

まとめ

これだけ食べて3人で2,000元弱(約8,000円)でした。
ちゃんとしたお店でちゃんと作った料理をこんなに安く食べることができるとは……台湾恐るべし。

夜市とかで食べる安いご飯もおいしいのですが、一日くらいはこういうきちんとしたお店で食べるのもいいかもしれませんな。

ちなみに時間帯によっては結構混雑するので、確実に食べたいなら予約する方が良さそうですよー。

関連ランキング:中華料理 | 雙連駅周辺

台湾グルメはコチラもどうぞ

今回の台北旅行に行くにあたり、友人からオススメされた『棻蘭家厨』旅行前から奥様と楽しみにしていたお店です。家庭的な料理をリーズナブルにお腹いっぱい食べることができるお店でしたよー。台北『棻蘭家厨』―丁寧に作られた家庭料理をモリモリっと食べられるお店台北の流行発信地・忠孝敦化站から歩くこと10分ほど。何だか普通の住宅地のようなところにあるのが『棻蘭家厨』台北ではおなじみの光景、路上駐車されたスクーターの奥にひっそりとお店があります。これは看板がなかったら通り過ぎるレベルですな。入り口の網戸をガラリ...
台北『棻蘭家厨』―丁寧に作られた家庭料理をモリモリっと食べられるお店 - Mind-B

台湾旅行3日目の朝食は朝から小籠包を食べることができるお店『鼎元豆漿』に行ってきましたよ。旅行前は台北で小籠包を食べるぞーなんて奥様と話をしていたのですが、実際なかなか食べる機会がなくて、結局最終日の朝食で食べることにしました。朝からしっかり食べたい人にはオススメのお店ですよー。台北『鼎元豆漿』―朝から小籠包を食べることができる豆漿店MRT淡水線の中正紀念堂站から徒歩3分ほどのところにある『鼎元豆漿』。コチラのお店も人気店とのことで、店の外まで行列ができている……と思ったら、行列はテイクアウトの人た...
台北『鼎元豆漿』―朝から小籠包を食べることができる豆漿店 - Mind-B

先日の台北旅行では毎朝外へ朝ごはんを食べに出かけました。ホテルにも簡単な朝食はあったのですが、どうせなら現地の人と同じものをということで、台北の代表的な朝食“豆漿“を食べることに。今回は豆乳パンが大人気の『秦小姐豆漿店』で食べた朝ごはんを紹介します。台北『秦小姐豆漿店』―大人気の豆乳パンと豆漿で朝ごはんMRT松山新店線の台北小巨蛋站(台北アリーナ駅)から徒歩10分ほどのところにあるのが『秦小姐豆漿』MRT板南線の國父記念館站や忠孝敦化站からも歩いて行けます。周囲はものすごいローカル感漂う場所。朝市になっ...
台北『秦小姐豆漿店』―大人気の豆乳パンと豆漿で朝ごはん - Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました