そろそろ20kgのダイエットに成功したときの話をしようか

健康
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

年が明けて早くも一週間が経ちました。

コロナ感染拡大による緊急事態宣言も気になるところですが、それよりも気になるのがお正月休みで蓄えたお腹周りのお肉だったりする人も少なくないのではないでしょうか?

外出自粛が続くとどうしても運動不足になりますし、家にいるとついつい何か食べてしまうし……そりゃ体重も増えますよね。

そんな事情もあって「今年こそはダイエット!」なんて新年の目標を立てている人もいると思いますが……実はワタクシ、過去に20kgのダイエットに成功しており、今なお痩せた状態をキープし続けています。

今日はそんな私がやったダイエットの話でもしてみようかと。

スポンサーリンク

劇的!ビフォー・アフター

まずは最盛期の頃の私を見てみましょう。

在りし日のワタクシ

20代前半なんですがなんか色々ヤバいですね……顔とかパンパンだし不健康そう。最近の私しか知らない人が見たら「誰?」ってなりそう。完全に暗黒歴史だわ。

正確には覚えてませんが、体重が87kgほどあったと思います。

それがこんな感じに(42歳)。

痩せたワタクシ

ちょっと分かりにくいですが、67kgほどまで痩せました。

全体的にシュッとしてるんじゃないかと。

何だかんだでやっぱり運動が大事

まず何をやったかと言うと、やっぱり運動。

とは言え当時の自分は運動大嫌い人間(学生時代も体育が苦手)だったのですが、自転車(クロスバイク)を買ったことがきっかけで運動習慣が身につき、体を動かすことが苦じゃなくなりました。

毎週のように横浜の自宅から江ノ島の方まで往復20~30kmを走ってたら、スルスルと体重が落ちて2~3年で75kgくらいに。

運動することでストレス解消になっていたことに加え、体重が減る様子が数値で見えて楽しかったんでしょうねー、一時期狂ったように自転車に乗っていた覚えがあります。

ただ、当時は会社勤めをしていたので、週末にしか自転車に乗れないことに不満を感じていました。

そこで新たに始めたのがランニング。これなら帰宅してから寝るまでの間にサクッと走ることができるので、こりゃいいやってことで毎晩のように数km走ってました。

結局、このランニングが後のマラソン大会出場につながっていくわけなんですけどね。

ランニング初心者だった私が10kmをラクに走れるまでにやった5つのこと
フルマラソン出場を決めて練習意欲が上がってきたのに、今週は雨続きで走ることができないのでランニング関連の記事を。 初めてお会いした方などに「休日は10km走ってます」とか「今度10kmのマラソン大会に出ます」などと言うと、「す...

食事のコントロールは難しい

ダイエットというと食事制限を考える人も多いですが、個人的には難しいんじゃないかと。やっぱりお腹が空くとイライラしますし。ただ、ちょっと気をつけた点はいくつかあったりします。

まずは21時以降はご飯(米)を食べないようにした点。当時の仕事柄、残業することも結構あり、家に着くのが21~22時ということも少なくなかったのですが、そんなときは軽くおかずだけ食べて白米は食べないようにしてたんですね。

ちなみに朝は豆乳・ヨーグルト・フルーツ・グラノーラ等を食べ、昼は基本的に好きなものを食べてましたねー。三食欠かさず食べてました。

あとは間食をあまりせず、食べるとしてもナッツとかドライフルーツみたいなものをちょこっと食べるようにしてたかな……セレブか。

こんなことをしていたら30代過ぎで70kgまで体重を落とすことに成功。時間をかけて体重を落としたせいか、リバウンドはありませんでした。

まとめ

さらに定期的な運動と食事にちょっと気をつけるってことを続けた結果、43歳になった今も体重は67kg前後をキープし続けています。最盛期からマイナス20kgですな。

以前よりも運動頻度は少し落ちてますが、体重や体脂肪率に大きな変化は見られません。

たまに母親に会うと「あんたちゃんとご飯食べてるの?」と心配されたりしますが(笑)、すこぶる良い調子です。

世の中「ラクにダイエット!」みたいなものはたくさんありますが、個人的にはちょっとマユツバものだなーと思ったりしてます。

結局のところ「運動しないと脂肪は燃えない」「余計なカロリーを取りすぎない」「すぐに効果は出ない」っていう原理原則に従うのが成功への近道なんじゃないですかねー。

とは言え、体力とか体質とか個人差はあると思うので、この原理原則を踏まえつつ、自分に合った方法を試してみるのが良いんじゃないかと。

ご興味あれば参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました