あなたの写真に足りないもの

Pocket

スポンサーリンク

The Photographer
The Photographer / docentjoyce

写真を撮って、後で見返したときに「イイね!」と思える写真と「イマイチだな」と思える写真があります。

この違いは一体何なのでしょう?

構図や露出などの技術的なものが足りないのでしょうか?

もしかしたら“思い”が足りないのかもしれません。

スポンサーリンク

“思い”が写真を良くする

寂しかったときには、その寂しさが。
楽しかったときには、その楽しさが。
あたたかいなぁと感じたときには、そのあたたかさが
写っている写真が何よりも“いい写真”だと、ぼくは思います。
(写真がもっと好きになる―p.23)

このことを踏まえて、次の2枚の写真をご覧ください。

1枚目の写真は何となく撮った写真。
天気のいい日に撮ったマンションですが、個人的にはイマイチかなと感じてます。

一方2枚目の写真は猛暑の中、日陰に入ったときの涼しさを表現しようとした写真。
技術的なもの云々は置いといて…コチラの写真のほうが個人的には好きです。

写真が何となく冴えないなぁ…と感じたら、“思い”を意識してみるのも良いかもしれませんね。

B的アイデア

こんなことをやってみたら面白いかも?的なアイデアの覚書。

  1. “思い”を込めた写真と、込めてない写真を撮ってみる。
  2. それをinstagramなどに投稿し、それぞれどういう反応があるかを検証してみる。

Pocket

Tags:
スポンサーリンク

関連記事

2013-07-13 | Posted in 写真・カメラNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)