人見知りだけど出会いを大切にしたい人が取るべき作戦

Pocket

スポンサーリンク

Shy
Shy / ♡Blackangelツ

いい年こいて結構な人見知りです。

シラフでは初対面の人となかなか打ち解けられない、ちょっと損な性格。

性格を矯正はしたくないけど、せっかくの出会いをもっと活かせるようにしたい。

そんな方法について考えてみました。

スポンサーリンク

初対面の人には自分がハマっているものを紹介してみる

女性同士が話すとき、それぞれのプライベートな話をよくします。
「ハマっていること」「ファッション」「ドジな話」「恋愛観」……など、たとえ初対面でも話しているうちにすっかり意気投合することも多いようなのです。
実は「自己開示」といって、こうして自らプライベートな話をすることはお互いの距離を縮める効果があります。
自分の「秘密」や「過去の失敗」、また、より深いところでは「病気」などのトピックが効果的です。
(特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ―p.60)

そう言えばセミナーなどに参加すると、まずは「アイスブレイク」として同じグループの人に「最近あった良かったこと」や「熱中していること」などを、簡単な自己紹介とともに話したりします。

こうして自分の内面をさらけ出すことによって、相手も自分のことを話しやすくなり(自己開示の返報性)、場合によっては意気投合できる、というわけですな。

B的アイデア

  1. 自分がハマっていること、失敗談などの「鉄板ネタ」をストックしておく。
  2. 親しい友人などにその話をして反応を見る。
  3. 反応がイマイチなら、どうすれば良くなるか考え、話の内容をブラッシュアップ。

Pocket

Tags:
スポンサーリンク

関連記事

2013-07-24 | Posted in 思考・仕事術No Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)