夏の朝時間をちょっとだけ充実させる3つの方法

Pocket

スポンサーリンク

You are my sunshine! My only sunshine .....
You are my sunshine! My only sunshine ….. / Jamie McCaffrey

年々暑くなっているように感じる日本の夏。
寝苦しくて早朝に目が覚めてしまう人も多いのではないでしょうか?

せっかく早く起きたのなら時間を有効に使いたいですよね。
(エアコンつけて二度寝と言うのも魅力的ですが…)

そこで朝の時間をちょっとだけ充実させる3つの方法を紹介します。

スポンサーリンク

1.早朝ランニング

夏場でも日が昇る早朝(5時台)であればかなり涼しく過ごせます(6時台だと暑い)。

日中の運動はキケンですので、朝の爽やかな空気の中でのランニングはおススメです。
そうは言っても汗だくになるので、帰ったら水分補給とシャワーを忘れずに。

2.一日のスケジュールを立てる

最近私がやっているのはコレ。
構築中のタスク管理システムを使い、今日一日のやるべきことを朝一でチェックしています。

朝一で一日のタスクとスケジュールを把握しておくと、その日を有効に使えるようになりますよ。

3.ルーチン作業をやる

朝の涼しい時間帯にルーチン作業をやってしまいましょう。

家計簿をつけたり、軽く掃除をしてみたり、英語の学習をしてみたり。
上記で紹介したスケジュール作りもルーチン化できそうですね。

短時間でもできることは意外とたくさんあるものですよ。

まとめ

朝の時間を有効に使えるようになれば、一日を長く使えるようになります。
特にやっておくべきことを朝のうちにやってしまえば、疲れのたまった夜をエアコンの効いた涼しい部屋でゆっくり過ごせることも可能です。

また夏は早起きを習慣づけるのにちょうどいい季節です(暑くて目が覚めやすいので)。
これを機に早起き習慣を身につけてしまうのも良いですね。
もっともエアコンつけっぱなしで寝てる人には難しいかもしれませんけど。

Pocket

Tags:
スポンサーリンク

関連記事

2015-08-09 | Posted in 思考・仕事術No Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)