『クリエイティブを共有!』byオースティン・クレオン―アーティストがファンを獲得するために必要なモノ

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

久しぶりに面白い本を読んだのでシェア。

以前紹介した『クリエイティブの授業』の続編にあたる本『クリエイティブを共有(シェア)!』。

いやー、このシリーズは本当に面白い。
アートとかクリエイティブなことに関わっている人は読んだほうが良いかも。

スポンサーリンク

『クリエイティブを共有!』byオースティン・クレオン―アーティストがファンを獲得するために必要なモノ

アートの世界において”作品”とは描き終えた絵画であり、撮り終えた写真であり、作曲し終えた音楽であったりするわけですが、アーティストにとってはその”プロセス”もある意味自分の”ワーク”の一部と言えるわけです。

作品の成果にばかり目が行きがちなんですが、実はこのプロセスも結構大事なんじゃないかと。

今では、インターネットやソーシャル・メディアを使えば、アーティストはいつでも好きなものをほとんどタダで共有できる。自分の作品や自分自身をどれくらい共有するかを自由に決められるし、自分のプロセスを好きなだけ明かせる。スケッチや制作中の作品を共有したり、スタジオの写真を投稿したり、影響や刺激を受けた人物やモノ、愛用の道具についてブログを書いたりすることだってできる。日常のプロセス、つまり自分がほんとうに大事にしているものを共有すれば、観客と特別な絆を築けるのだ。
(P.43-44)

最近個人的には「これからは”何を売るか”ではなく、”誰が売るか”が大事」な時代に突入してると思ってます。

例えば写真。今ならデジタルカメラのシャッターボタンを押せば、全くの素人でもそれなりにキレイな写真が撮れるわけでして。
じゃあなぜ私たちは写真展をわざわざ観に行ったり、高価な写真集を買ったりするかって言うと「誰が撮った写真か」という部分に重きを置いているからじゃないかと思うんですね(もちろんそういう人たちの作品自体にも価値があるわけですが)。

ということは、我々のようなアマチュアが作品を見てもらえるようになるためには自分の”ファン”を作ることが重要になってくるんじゃないかと。

人とのつながりを強固なものにするためには、自分のことを知ってもらうことが一番。
そのために作品作りのプロセスを明かすというのは、ある意味理にかなってると言えるんじゃないでしょうか?

まとめ

今通っている写真教室でも「プロセスが大事」とよく言われていますが、作品作りの途中で感じたことやインスピレーションを受けたものなんかをブログでシェアしていけば面白そうですな…今度やってみよう。

アーティスト・クリエイター向けに書かれている本ですが、起業家やフリーランスの人が読んでも参考になりそうな本ですよ。
ご興味あればどうぞ。

コチラもオススメ

クリエイティブを刺激する本はコチラにも

久しぶりに面白い本を読んだのでシェア。詩人で作家でクリエイターのオースティン・クレオン氏の『クリエイティブの授業 STEAL LIKE AN ARTIST "君がつくるべきもの"をつくれるようになるために』。タイトルには"クリエイティブの〜"とありますが、モノづくり以外にも色々と参考になる部分も多い良書でしたよ。本書から特にグッと来た部分をいくつかご紹介します。『クリエイティブの授業』byオースティン・クレオン ― 誰もが持っている"クリエイティブ"を目覚めさせる100%オリジナルなんて存在しない一...
『クリエイティブの授業』byオースティン・クレオン ― 誰もが持っている"クリエイティブ"を目覚めさせる - Mind-B

人生がどうもパッとしない、何だか毎日モヤモヤする。自分のやっていることは本当に正しいのだろうか?もっと自由に自分のやりたいことをやるべきなんじゃないだろうか?そんなお悩みを抱えている人はこの本を読んでみると良いですよ。岡本太郎著『自分の中に毒を持て』自由に生きるための力強い言葉岡本太郎といえば"太陽の塔"などで知られる不世出の芸術家。その岡本太郎氏が人生の様々な局面について、力強い言葉で喝破してくれます。個人的にグッと来たところをいくつか紹介しますね。何をしたらいいのかわからない人へ...
『自分の中に毒を持て』 - Mind-B

何かと話題になっているみうらじゅん氏の本『「ない仕事」の作り方』、奥様に強く勧められて読みました。結論から言うとかなり面白い本でしたよ。特に「好きを仕事にしたい」人は読んだほうが良いんじゃないかなーと。個人的に気になったところを3つご紹介します。"マイブーム"は自分から仕掛けるもの「マイブーム=そのときどきに好きなもの」と勘違いされて、「次のマイブームは何ですか?」とよく聞かれますが、私は何でもかんでも流行らそうとしているわけではありません。私が「仕掛け」をするのは、本当に好きになった...
『「ない仕事」の作り方』byみうらじゅん―マイブームを仕掛けるための3つのポイント - Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました