LOMO LC-A MINISTAR-1開封の儀と試写

Pocket

DSC03710

Lomographyから発売されたレンズ「LOMO LC-A MINISTAR-1」の開封の儀と試写レポートです。

トイカメラの傑作として名高い「LOMO LC-A」
特徴的な描写のレンズは世界中の人を虜にしてきました。

そのレンズを交換レンズ式カメラで使えるようにしたのが今回紹介する「LOMO LC-A MINISTAR-1」

さっそく見てみましょう。

スポンサーリンク

開封の儀

こんな感じのパッケージに入っています。
早速開けてみましょう。

DSC03711

レンズが出てきました。

DSC03713

箱の中身はこんな感じです。
レンズ・マニュアル・レンズケース・クリーニングクロスが入っています。

DSC03715

レンズはこうなっています。
LC-Aと同様、右下のレバーで距離を設定する仕様になってます。

DSC03717

LC-Aと異なるのは絞りが設定できること。
f2.8〜22まであります。

DSC03718

横から見たところ。
かなり薄いパンケーキレンズです。

DSC03719

絞り22にしたところ。

DSC03720

絞り2.8にしたところ。

DSC03721

ちなみにこのレンズはライカMマウントなので、その他メーカーのカメラで使う場合はマウントアダプタが必要になります。

私もマウントをかましてSONY α7Ⅱに装着してみました。

IMG_1866

カメラに付けると薄さ・小ささがよく分かりますね。

IMG_1867

いざ試写へ

さてさて、新しいレンズは使ってみないと分かりませんので、井の頭公園で試写をしてきましたよ。

まずは池でも撮ってみましょう。
周辺光量の落ち方はLC-Aっぽいですね。

DSC03736

絞り5.6で撮ってみましたが、周囲がかなり流れています。

DSC03737
DSC03739

中心部はかなりクッキリ写っていますね。
発色も悪くないと思います。

DSC03741

ピントの合っていない部分はかなりボケますね。

DSC03744
DSC03749

絞りがどれくらい効くのかテストしてみました。
まずは2.8。

DSC03750

4。

DSC03751

5.6。

DSC03752

8。

DSC03753

11。

DSC03754

16。

DSC03755

22。

DSC03756

…ちょっと分かりづらいかもしれませんが、f値を大きくすれば奥の方の自転車までピントがあっているようです。

まとめ

LOMO LC-Aが好きでフィルムカメラを使い続けていましたが、今回のコチラのレンズはかなりLC-Aに近いものがあるんじゃないかと思います。

フィルムと違って写りがクッキリするところは好みが分かれそうですが、私はそれほど気にならないかな。
フィルムを現像に出すワクワク感はないですが、撮ってすぐ確認できるのも悪くないです。

とにかく小さくて軽量、距離をレバーで決めてシャッターを切るだけなので、街中でのスナップで活躍できそうです。

もう少し練習して使い慣れてみたいですね。

コチラの記事もどうぞ

Lomo LC-Aユーザーが気をつけるべきただ一つのこと

Lomography Cine400 Tungstenフィルム使用レポート

トイカメラで巡る京都の旅

Pocket

Tags:
スポンサーリンク
2015-09-11 | Posted in PhotoNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)