夢を忘れた大人たちへ「人生の舵は自分で切れ!あなたの10年後は今週の33.6時間で決まる」

Pocket

スポンサーリンク

Dream!
Dream! / Melody Campbell

あなたは今の人生に満足していますか?
一度きりの人生、どうせなら自分らしく生き抜きたいもの。

自分のやりたいことって何だろう?
どんな人生を送れば自分は満足なんだろう?
子供の頃にはハッキリと見えていた夢も、いつの間にか見失ってはいませんか?

「いい歳こいて夢なんて恥ずかしい」
「しっかりと現実を見ないと痛い目に遭うぞ」

確かにそういう考えもあるでしょう。
でも僕は夢について恥ずかしげもなく熱く語り、さらに夢を現実に変えた男を知っています。

その男とは人気ブログjMatsuzaki主宰のjMatsuzaki(@jmatsuzaki)氏です。

本書はjMatsuzaki氏が実践してきた夢実現のための方法論です。

スポンサーリンク

夢を現実にする方法論

本書で紹介されている「夢を現実にする方法」は極めてシンプルです。

それは「夢に貢献する時間を一分一秒でも増やす」というもの。

そして夢に貢献する時間を増やすために

  1. 叶えたい夢を見つけ
  2. 夢に近づくための計画を練り
  3. 夢実現のためにやったことを省察する

という3つのステップについて段階的に解説されています。

ベースとなっているのはスティーブン・R・コヴィーの「7つの習慣」のようですが、本書ではいくらか簡略化されているとともに具体的な実践方法(ワーク)がところどころに組み込まれているため、挫折することなく読み進めることができます。

実際にやってみた

夢を見失った大人(つまりワタクシ)が一週間で夢を見つけ出すためのワークにチャレンジしてみました。

一週間の期間を設け毎晩10個の質問に答えることにより、自分の内側にある夢のタネを見つけることができるとのこと。

実際に一週間やってみたところ…
普段の生活ではあまり意識しなかったようなこと(ブログを書くのが好き、意外と家族を大事にしている…など)が分かりました。

ここで洗い出したいくつかのキーワードを元に、自分の夢(=望む生き方)を導き出すということですな。

これは非常に地味でシンプルな方法ですが、自分の夢が分からないという人には効果が見込めそうです。

もちろん夢は認識しただけでは絵に描いた餅に過ぎません。

認識した夢に対して計画を立て、日々のタスクに落としこんでアクションを起こす。
そして実際に起こしたアクションについてレビューをし、改善を繰り返す。

ここまでできて初めて、夢は少しずつ現実へと近づいて行くのです。

まとめ

本書のタイトルにある「33.6時間」というのは一週間(168時間)のうちの20%のこと。
20%といえば一日当たり5時間弱…結構な時間です。
それだけ夢を実現するのには相応の投資が必要というわけですな。

いきなりそれだけの時間を捻出するのは不可能ですが、毎日少しだけでも夢に触れることはできるはず。
本書でもその重要性を強調しています。

2013年も残すところあと1ヶ月。
今年中に自分の”夢”を見つけ出し、新しい年に向けて計画を立ててみてはいかがでしょうか?

jMatsuzaki
jMatsuzaki氏のブログはコチラ

Pocket

Tags:
スポンサーリンク

関連記事

2013-11-29 | Posted in No Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)