面白くてためになる「オモタメ記事」を書くのに必要な3つのポイント

DSC07438
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

人気のあるブログに共通しているのが、面白くてためになる「オモタメ記事」をたくさん書いていること。

ブログを書く人であれば誰でも「オモタメ記事」を書きたいと思うものですよね。

そこで今回は、この「オモタメ記事」を書くために最低限おさえておきたい3つのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

オモタメ記事を書くための3つのポイント

1.メッセージにフォーカスする

単なる日記や雑談レベルの話では、面白くてためになる「オモタメ記事」を書くことはできません。

「オモタメ記事」とは自分の発見や感動した情報を読者に分かりやすく伝え、読者に行動を起こさせる記事のことです。

一体自分は読者に何を伝えたいのか、核となるメッセージを絞り込みましょう。

エレベーターに乗っている時間内で社長に企画を説明する“エレベーターピッチ“のように、一番伝えたいメッセージを盛り込むようにします。

ターゲットにフォーカスする

自分がどんなに面白いと思ってSNSにシェアした動画でも、それを見た人全員がそれを面白いと感じることはありません。

「オモタメ記事」もそれと同じ。
自分がどんなに面白いと思って、みんなにウケようとする文章を書いても、どれはおそらく陳腐な表現になってしまいます。

その「オモタメ」は誰にとっての「オモタメ」なのか、ターゲットを絞り込みましょう。
想定する読者は男性?女性?年齢は?仕事は?

ターゲットを絞り込むことができれば、あとはその人たちの興味をひき、伝わるような文章を書くことはそれほど難しいことではなくなるでしょう。

比較対象にフォーカスする

ただ漫然と自分の発見した「オモタメ」な話を披露しても、それが読者に伝わらなければ単なる自己満足で終わってしまいます。

そこで意識したいのが、自分のメッセージに対する従来のモノゴト、つまり比較対象を用意することです。

男性と女性、日本と海外、東京と大阪など、何か比較対象があれば読者は話の内容をイメージしやすくなるはずです。

まとめ

「オモタメ記事」を書くために「誰に」「何を」「どうやって分かりやすく」伝えるかをよく考えることが必要になります。

プレゼンや企画書作りなんかと同じですね。

もちろん今回紹介したポイントだけでいきなり「オモタメ記事」を書くことは難しいですが、頭の片隅において記事を書き続ければいつか「オモタメ記事」が書けるようになるはずです。

今回の3つのポイントは野口悠紀雄氏の『「超」文章法 (中公新書)』より抜粋しました。

ブログを書く人であれば一度読んでおくことをオススメしますよー。

ちなみに今回はコチラの記事に書いた方法で一本書いてみました。
久しぶりにチャレンジしましたが、意外と良いですな。

Blurb Booksmart photo book review / delgaudmブログのカテゴリの一つに読んだ本をネタに記事を書く、いわゆる「書評」記事があります。僕もご多分に漏れずネタに困ったときはよく使っています。※このブログでは「書評」ではなく「読書感想」というカテゴリで記事を書いています。ところがこの書評、本を読めば書けるので一見簡単そうですが…やってみると意外と難しいし、時間がかかるものです。そこで今日は読書から記事のアップまでを30分で終わらせる書評ブログの書き方について「10分間リーディング」を参考に紹介します。最初の1...
たった30分で書評ブログを書く方法 - Mind-B

コチラの記事もどうぞ

Writing? Yeah. / crdotx少しずつですがライターのお仕事をいただけるようになってきました。ブログと違って、お金が発生する仕事。きちんとした文章が求められます。それなりに文章力には自信がありますが、これを機に文章力の勉強をし直そうかと。そこで私が実際に読んで役に立った本を5冊紹介しておきます。文章を書く人なら読んでおきたい本5冊1.書いて生きていく プロ文章術書いて生きていく プロ文章論posted with ヨメレバ上阪 徹 ミシマ社 2010-11-26 AmazonKindle楽天ブックスhonto テクニックよりも心...
文章を書く人なら読んでおきたい本5冊 - Mind-B

checklist / Alan Cleaverこんなのあったら便利だな、と思い「文章を書くときのチェックリスト」なるものを作ってみましたよ。最低でもコレは抑えておいたほうが良いかも…という項目10個に絞ってあります。どれもアタリマエなことばかりですが、意外と忘れがちなのでブログを書くときなどにチェックしてみてくださいね。文章を書くときのチェックリストターゲットは決まっているか文章の目的が明確になっているか自分が理解している言葉を使っているか読者にとって分かりやすい文章を書いているか難しい用語やよく分からない慣用句を使...
文章を書くときのチェックリスト - Mind-B

punchline to a joke yet written / dickuhne一応、文章を書いてお金をいただいている身としては、文章の書き方というのは気になるテーマです。世の中には文章術について書かれた本などもたくさんありますが、自分の好きな作家さんや好みの文章を書く人からコツを盗むのが一番なんじゃないかと思っています。そこで、個人的に(文章が)好きな松浦弥太郎氏の『最低で最高の本屋』より文章を書くコツをまとめてみました。文章を書くのに必要な4つのコツ1.規則正しい生活文章を書くために一番大切にするべきは健康であることだそうです。...
文章を書くのに必要な4つのコツ - Mind-B

Fisher space pen / vidalia_11ブログを書くようになってそれなりに文章力がついてきました。読む人あってのブログですから、当然文章力があるに越したことはないですよね。そこで今日は「誰も教えてくれない人を動かす文章術」より、読まれる文章のポイントを3つ紹介します。1.発見や独自の視点が盛り込まれている私は、ものの見方を変える文章こそが、意味のある文章だと思っています。単に書かれた情報の一部を受け取るのではなく、その文章を読んだおかげで、何かがインスパイアされる文章。それを私たちも最終目標にしたいと思...
読まれるブログを書くために磨いておきたい3つの文章力 - Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました