年に一度の検査と炎天下写真散歩[週刊B-DUSH]2014/07/21〜07/27

週刊
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

真夏日と熱帯夜が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

ワタシなどはこの時期どうしても睡眠が浅くなってしまい、どうも体調が今ひとつなのですが…ぶっ倒れない程度に頑張って生きています。

そんなわけで今週の振り返りをどうぞ。

スポンサーリンク

年に一度のエコー検査

色々と事情がありまして、年に一度腹部エコー検査を受けています。

今回の検査結果、ちょっと気になるところがあったので、来週CT検査を受けてきます。

多分問題はないと思うのですが、一応念のため。

何気にワタシもいい歳ですから…体にも色々とガタがきていますね。
いつ何があっても後悔のないような人生を送りたいものです。

炎天下写真散歩

ワタシの実弟が最近デジタル一眼を買ったので、練習がてら写真散歩してきましたよ。

▼夏すなぁ

それにしても暑かった…帰る頃には軽く熱中症気味でした。

今週読んだ本

ハッセルブラッドの時間

いや、さすがにハッセルブラッドは買えないんですけどもね。
良いカメラだなぁと思います。

本書に出てくる著者の「おじいさん」のセリフが良いんですね。

ある日、鉄腕アトムの絵の運動靴を履いたぼくはおじいさんに言った。
「もう、このカメラも終わりだね。未来では人は何もしなくても写真が写せるんだ」
「そうだとしても、オラ、このカメラにする。いまだって便利なカメラならあるだ。オラ、じっとかまえて、ようく見て、写真を撮ったぞっていうこの感じがいいな。そりゃあ、時間がかかる。それでいいんだ。撮ったってことは自分のものにするってことだ。オラ、撮ったものは忘れない。忘れないため、心に残すため撮る。めんこいおまえのこともな。撮ったぞーってな。それがなくては……。便利になるのは何かを忘れてしまう気がするな。いろいろなことをな」
(ハッセルブラッドの時間 p.184)

ワタシの写真に対するスタンスはこの辺りにありそうです。
ワタシにとっての写真はキレイな作品を作るというよりも、記憶を補完するためのものなんですね。
写真に対するあり方を色々と気づかせてくれる本でした。

今週のラン

夏は休日の早朝ランに限るのですが…土曜は検査のため絶食絶飲だったため走れず、日曜は純粋に寝坊して走れず…。

もう少し平日の夜で稼ぎたいところです。

今週書いた記事

毎週木曜日は珍オブジェの日。そろそろ定着してきましたかね?先週の珍回答と今週のお題を紹介しますのでお楽しみに。先週のお題と珍回答先週のお題はコチラ。今回は手に持った花束がキーアイテムになったようですね!まずは毎回一番乗りでご回答いただける常連・とし(@toshi586014)さんの珍回答。えっ!?泥棒じゃないですよ!花束をプレゼントしにきたサンタさんです。このクソ暑いのにサンタ!しかも自分で「さん」付け!見るからに不審なオーラがにじみ出てきてますね。続いて初チャレンジのyonyon(@TokyoYonyon)さん。だって...
今週の珍オブジェ写真 #004 - Mind-B

今週は一記事だけ…完全にもとの更新頻度に戻っちゃいました。

この珍オブジェシリーズ、徐々に参加者が増えてきてちょっと嬉しい。

まとめ

ちょいちょい体調悪くなったり、精神力が低下したりしてますが、何となく上向きになってきた気がしてます。

一気に波に乗りたいところですが…まあ無理せずマイペースで行こうかなと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました