あなたは大丈夫?いくらスキルが高くても◯◯がなければ仕事になりませんよ!

Pocket

スポンサーリンク

Untitled

ありがたいことにいろいろな方と知り合う機会に恵まれています。

中には素晴らしいスキルを持っている方も多いのですが、そういう方に限って「ちょっと残念だな」と思うことがあるんですね。

それは一般常識がない、ということ。

今日はそんなお話です。

スポンサーリンク

スキルだけの人は行き詰まる

とんでもなく上手な写真が撮れる、カッコいいwebデザインができる、センスのいい文章が書ける……どれも素晴らしいスキルですよね。

でもどんなに素晴らしいスキルを持っていても、一般常識がない人は必ずどこかで行き詰まってしまうんですね。

ここで言う一般常識というのは、納期を守る、人との約束を守る、ドタキャンしない(一言謝る)、メール等をきちんと返す、挨拶をする、きちんとお礼を言う、人の目を見て話す……など、ごくごく一般的なものです。

どれもこれも小学生でさえできそうなモノですが……残念ながらこれができないオトナがとても多いんですよね。

こういう人達が手持ちのスキルを武器に独立・起業するケースも多いようですが、順番が逆なんですね。
まず一般常識という土台があって、その上にスキルがあるから上手くいくのであって、スキルだけで食っていこうなんて甘すぎるんじゃないかなと。
砂の上に建物を作るようなもんです。

どんなにスキルが優れていても、納期が守れない、打ち合わせをすっぽかすでは誰も仕事を頼みませんよね。

仕事上の付き合いだけは上手くやっているから大丈夫、なんて考えないほうがいいですよ。
一般常識は普段の行動にも気付かないうちに表れます。
「あの人は飲み会を何度もドタキャンするから信用できない」と思われたらオシマイですからね。

まとめ

スキルはいくらでも身に付けることができますが、この手の常識は意外と身につけるのが難しいものだったりします。
ある意味習慣的なものですからね。

ちょっと思い当たるかも…という人は気をつけたほうがいいかもしれませんよ。

一般常識があるか心配な方はコチラの記事もどうぞ


Pocket

Tags:
スポンサーリンク

関連記事

2015-07-28 | Posted in 思考・仕事術No Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)