平常心を養うための3つのヒント

思考・仕事術

スポンサーリンク

Zen Garden
Zen Garden / quinet

何かと慌ただしい現代社会。
スピードや効率化も大事ですが、それではストレスが溜まってしまいます。
ときには心を落ち着けることも必要ですよね。

そこで今日は平常心を養うためのヒントについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

1.感覚を信じてみる

ときには直感や喜怒哀楽の感情を重要視してみるのも良いかもしれません。
考え過ぎて動けなくなるということが無くなるはずです。

論理的に物を考えるのは大切ですが、考え過ぎはストレスになってしまいます。
“何を考えるか”よりも”何を感じるか”に注目してみましょう。

2.スローダウンしてみる

スピードが求められる現代だからこそ、あえてスローダウンしてみるのはどうでしょう。

日常の動作を丁寧にしてみるとか、何もしない時間を作るとか。
心を落ち着ける訓練を意識的にしておくとよいです。

3.利他の心を持つ

自己中心的な考えは自分にとっても他人にとってもストレスの原因になります。
逆に他人のために何かをすると、気分が良くなり心が落ち着きますよね。
おもてなしの精神を養いましょう。

まとめ

平常心を養うのに役に立つかもしれないヒントを並べてみました。
そうは言っても普通に生活しているとなかなかそういうことを意識するヒマがないかもしれませんね。

そんなときは日本文化に触れてみるのも良いかもしれません。
禅寺に行ってみるとか茶道を習ってみるとか。

私は茶道を習い始めて、今回紹介した3つを意識するようになりました。
実際はどうか分かりませんが、何となく平常心というものが身についてきた気がしています。
オススメ。


コメント

タイトルとURLをコピーしました