台北『梁記嘉義鶏肉飯』―ローカル感たっぷりの店で絶品鶏肉飯を味わう

鶏肉飯 旅行
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

「台湾グルメと言えば鶏肉飯(ジーローファン)!」という奥様の希望で、台北でも特においしいと噂の『梁記嘉義鶏肉飯(リャンチージャーイージーローファン)』。

40年の歴史がある鶏肉飯の名店に、地元の人で混み合う夕食時に行ってみました。

以下『梁記嘉義鶏肉飯』のご紹介。

スポンサーリンク

台北『梁記嘉義鶏肉飯』―ローカル感たっぷりの店で絶品鶏肉飯を味わう

『梁記嘉義鶏肉飯』はMRT松江南京駅から徒歩5分ほどのところにある食堂です。

ちょうど夕食の時間帯ということもあり、結構お客さんが並んでいますが……イートインとテイクアウトの人が半々くらいで、回転も早いのでそれほど待たずに入店できるはずです。

奥様が鶏肉飯を食べるとのことなので、私は魯肉飯にしてみました。

あとは半熟目玉焼きと魚のつみれが入ったスープ(魚丸湯)をオーダー。

相席のおじさんが食べているものを横目で見ながら待つこと数分……来ましたよ。

こちらが鶏肉飯。裂いた鶏肉に独特のタレをかけたものを載せたご飯ですな。お店によって使う鶏肉の部位や、タレの味が違うので食べ比べるのも楽しいかも。

こちらは魯肉飯。鶏肉ではなく甘辛く煮た豚肉なので、食べごたえがありそうです。

そのまま食べてもおいしいのですが、こちらのお店オススメの食べ方が、半熟目玉焼きを載せるというもの。トロトロの黄身が肉とタレ、そしてご飯に絡んで……旨味ー!

安くておいしいご飯が食べられる。いやー、これは人気のお店というのが納得だわ。

まとめ

以上、『梁記嘉義鶏肉飯』の紹介でした。

ちなみにこちらのお店の看板に書かれている『嘉義鶏肉飯』、鶏肉飯はもともと台湾南部にある嘉義という場所の名物料理らしく、オーナーも嘉義出身なんだとか。

地元の人の話し声、鈍く光る金属製のテーブル……なんとなくアジアの活気を感じて楽しいですなー。

こちらの記事もどうぞ

2018年10月末、今年二度目となる台湾旅行に奥様と行ってまいりました。「今回の目的は食べ歩き!」と鼻息を荒くする奥様の強い希望で、まずは台湾発の有名店『鼎泰豊(ディンタイフォン)』へ行ってきましたよ。どのガイドブックにも必ずと言っていいほど掲載されているお店だけあって、さすがに美味しいお店でした。以下、『鼎泰豊』の様子をお送りいたします。台北『鼎泰豊』―台湾に行ったら一度は食べるべき有名店の小籠包『鼎泰豊』は台湾国内に10店舗、台北市内だけでも6店舗あるお店です。日本国内にも都内をはじめ、20店舗あり...
台北『鼎泰豊』―台湾に行ったら一度は食べるべき有名店の小籠包 - Mind-B

台湾グルメと言えば牛肉麺、という人も多いのではないでしょうか?日本ではあまり目にすることのない牛肉麺ですが、台湾ではいたるところでお店を見かけます。日本のラーメン的なポジションなんですな。そんな牛肉麺、日本のラーメンと同じくお店によって味が異なります。以前台北で牛肉麺を食べて、個人的にイマイチかなーと思っていたのですが……今回その考えを覆す牛肉麺を永康街にある『永康牛肉麺』で食べることができたのでご紹介。以下『永康牛肉麺』の様子をどうぞ。台北『永康牛肉麺』―大きくて柔らかい牛肉がゴロゴロ入った牛...
台北『永康牛肉麺』―大きくて柔らかい牛肉がゴロゴロ入った牛肉麺の名店 - Mind-B

台北の街を歩いているとときどき見かけるのが『頂呱呱』というお店。『T.K.K Fried Chicken』と書かれているとおり、フライドチキンのお店です。日本で言えばケンタ○キー的な。台湾に来てまでファーストフードっていうのもねぇ〜なんて思っていたのですが、奥様のリサーチによるとこちらのフライドポテトがおいしいとのこと。ちょっと気になったので立ち寄ってみましたよ。以下、『頂呱呱(T.K.K)』のご紹介。台北『頂呱呱(T.K.K)』―独特なメニューが特徴的な台湾のフライドチキン今回行ったのはMRT東門駅近くにある『T.K.K 永康店...
台北『頂呱呱(T.K.K)』―独特なメニューが特徴的な台湾のフライドチキン - Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました