人形町のネパール料理店『ヒマラヤンビレッジ』に行ってきました

ダルバート 東京案内
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ちょっと所用で人形町へ。

人形町って古い建物やらお店やらがいろいろあって面白い場所ですねー。

カレーのお店はあるかなーと思い探したところ、駅から少し歩いたところに『ヒマラヤンビレッジ』なるお店を発見。

こちらはネパール料理のお店のようですな……というわけで早速ご紹介。

スポンサーリンク

人形町で人気のネパール料理店

ヒマラヤンビレッジ

人形町駅から徒歩数分の場所にある『ヒマラヤンビレッジ』。

外観はよくあるインド・ネパール料理店のようですが、こちらはネパールカレーキッチンと言うことでネパールを前面に持ってきています。

ヒマラヤンビレッジ

階段を降りて右手が店舗になります。

入口付近はテイクアウトのお客さんやフードデリバリーの人がいることもあって少々狭く感じるかも。

メニューは一般的なカレーとナンのセットが多いですが、そこはさすがネパール料理店、ダルバートがあるじゃないですか。

ダルバートはネパールの代表的な家庭料理のことで、豆(ダル)スープ、ごはん、アチャール(漬物)、野菜のおかずなどで構成された定食的なもの。

ちなみに炊いたごはんのことをバートと呼び、ダル(豆)とバート(ごはん)でダルバートというのだとか。ほほー。

ナンとカレーは近所でも食べられるし、ここはやはりダルバートでしょうということでオーダーしてみます。

ダルバート

こちらがヒマラヤンビレッジのダルバート。

豆カレー・チキンカレー・ネパール風ほうれん草炒め・ジャガイモと大根のスパイス和え・パパド・ライスで構成されています(チキンカレーは野菜カレーと選択可、カレーの辛さも選べます)。

まずは豆カレー。スパイス感はそれほど強くなく、塩をきかせたシンプルで優しい味。豆の食感が楽しい。

チキンカレーは食べ進めるうちに少しずつ辛さが後から追いかけてくる感じ。今回は中辛にしましたが、もう少し辛くても良かったかも。柔らかチキンは旨味もしっかり残っていて食べごたえあり。

ほうれん草とジャガイモのおかずは、そのまま食べてもライスと一緒に食べてもよし。ニンニクやスパイスの香りが食欲をそそります。

最終的にはパパドを砕いて、カレーもおかずも全部ライスにかけ、混ぜ混ぜしながら食べました。こういう食べ方が一番旨味ーなんじゃないかと思ってます。

まとめ

ダルバートは豆と野菜が中心だからちょっと物足りないかなーなんて思ってましたが、結構なボリューム感でお腹いっぱいになります。

ちなみにコチラのお店、歌手のクリス・ハートさんがデビュー前に週3ペースで通っていたんだとか(チーズナンがお気に入りらしい)。

人形町というと軍鶏料理をはじめ天ぷらや寿司といった和食系の多いイメージですが、たまには趣向を変えてネパール料理ってのもオツかもしれませんな。

ヒマラヤン ビレッジ
【本格カレー】は30種類!! 【宴会】OK★
ホットペッパーで予約する
住所 東京都中央区日本橋人形町1‐7‐6 HSビルB1F
最寄り駅 人形町
営業時間 月~日、祝日、祝前日: 11:00~15:00 (料理L.O. 15:00 ドリンクL.O. 15:00)17:00~20:00 (料理L.O. 19:30 ドリンクL.O. 19:00)
定休日 なし
総席数 28

コメント

タイトルとURLをコピーしました