『ノマドワーカーという生き方』by立花岳志

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

先日参加した「第5回No Second Lifeセミナー」で購入させていただいた、

ブロガー・立花岳志(@ttachi)さんのデビュー作、

ノマドワーカーという生き方」をようやく読み終わりました。

一言で表すと「ものすごく濃い本」です。

濃すぎて思わず2回読んでしまいました。

『ノマドワーカーという生き方』by立花岳志

会社員からフリーになったプロブロガー立花さんが、独立するまでに行ってきたこと、そして独立してからの生活について、ご自身のブログをきっかけとした経験をベースに丁寧に教えてくれます。

個人的にグッときたポイント

チャンスを最大限に活かす

「大丈夫だ!」とは最後まで思えることはありませんでしたが、「やるしかない」とは常に思っていました。このまま会社に留まって「やりたいことが一生できなかった人間」として生きるのではなく、千載一遇のチャンスめがけて突進していった男として生きたい。そう思っての決意でした。(p.83)

勤めていた会社の次期社長の椅子を蹴って、独立に踏み切ったときの心境。
もちろん、ブログなどで独立への手ごたえを感じていたからこその決断だった、ということですが、この決断力にハッとさせられました。

ミッションを決める

一番大切なことは、あなたのブログのミッションを設定することです。ミッションとはつまり、ブログを通じてあなたがどうなりたいのか、ということを決めるのです。(p.214)

ブログのミッション…今まで考えたことがありませんでした。

今まで何を書いて良いか分からず雑多な記事ばかりでしたが、一度このブログのミッションについて考え、ある程度の方向性を持たせたいと思います。

まずは更新、更新、更新!

文章の巧拙を心配するよりも、更新頻度にこだわって欲しい。僕はそう思います。(p.223)

耳が痛いですねー。

6月はブログの更新頻度を上げたいと思います。

まとめ

ノマドワーカーの実態、というよりは立花流・自己実現術に近いのかなー、という印象を受けました。
(実際、本文中に”ノマド”というワードは数えるほどしか出てこないです)

先日のセミナーでもおっしゃっていましたが、いたずらにノマドを煽っているわけではないんですね。

独立することに限らず、みなさん人それぞれにかなえたい夢や実現したい目標を持っていると思います。

その夢や目標が、立花さんの場合フリーでありノマドだったということなのでしょう。

そして夢をかなえ目標を達成するには、むやみに行動すればいいというわけではなく、将来をしっかりと見据えた戦略、それを実行する行動力、そして徹底した自己管理が必要だということがよく分かります。

また、職業「ブロガー」であり、月間160万PVを誇るブログ「No Second Life」を

運営されているだけあって、ブログについてかなり詳しく書かれています。
ブログを使って自己実現をしてみたいと考えている方にはとても参考になると思います。

第2、第3の立花さんが現れたら、日本はもっと元気になるんじゃないかなー…そう思わせてくれる本でした。

コチラの記事もどうぞ

Nomad-1 / johnhope14最近"ノマド"という言葉をよく耳にするようになりました。本来、ノマド(nomad)とは遊牧民という意味だそうですが…なぜそれが注目されているのでしょう?本田直之氏の著書『ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと』を読んで勉強してみました。『ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと』by本田直之この本の概要右肩上がりの成長が見込めない停滞した経済状況。給料は下がるわ、終身雇用制度はアテにならないわの企業戦士にとって、今ま...
『ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと』by本田直之 - Mind-B

基本的に同じ日と言うのは二度ないものなのですが、会社に行って仕事して、帰って寝て…の連続だと今の生き方は果たしてどうなの?と疑問を持ってしまいます。何か現状を打破するヒントはないかと思い、『常識からはみ出す生き方 ノマドワーカーが贈る「仕事と人生のルール』を読んでみました。本書の概要今の自分は本当にやりたいことをやっているだろうか?世間の「常識」や誰が決めたか分からない「ルール」にとらわれていないだろうか?そんな常識を疑い、自分のルールを作るためのヒントをくれる本です。個人的にグッときたポイン...
『常識からはみ出す生き方』byクリス・ギレボー - Mind-B

四角大輔氏の著書『自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと』の紹介です。若いときから「自由」に憧れつつも、具体的なビジョンが描けないまま30代も半ばを迎えてしまいました。毎日毎日、「自由」とは程遠い生活をしながらも、「自分の人生これでいいのかな?」と葛藤し続けている時に出会った本です。社会に出て、世の中のことが色々と分かってくると、いかに自分がたくさんのモノを背負っているか分かるときが来ます。そのときあなたは何を捨てますか?『自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと』by四角大輔―30...
『自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと』by四角大輔―30代でもまだ間に合う - Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました