私がブログを書くためにやっているネタの探し方5選

ブログ運営
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク


My Blog badges from Zemanta / Annie Mole

毎日毎日ブログのネタが思いつかず、ヒーヒー言ってます。

そうは言ってもブログを書かないと気持ち悪い程度に習慣化してきてしまっているので、必死に絞り出しているわけなんですけど。

世のブロガーさんってどうやってネタ作りしてるんでしょうね?
ブログ歴3年になる私が言うのもアレなんですけど。

誰かの参考になればと、私のブログネタの探し方を紹介しておきますね。

スポンサーリンク

Mind-Bの原材料

1.親しい人と話す

ワタシ的に一番ネタが浮かびやすいのが、親しい人との会話の中で出てきた話題をネタにすると言うもの。

特に相手の抱えている不満や願望など、何かしらの感情が働くモノはかなりの確率でネタにしています。

会話をすることで脳が活性化するんですかね?
あとは一次情報に触れているからかな?

個人的にはオススメの方法ですよ。

2.本を読む

本を読めば書評記事が書けますね…最近読んでないな。

過去にこんな記事も書いていますのでご興味あればどうぞ。

Blurb Booksmart photo book review / delgaudmブログのカテゴリの一つに読んだ本をネタに記事を書く、いわゆる「書評」記事があります。僕もご多分に漏れずネタに困ったときはよく使っています。※このブログでは「書評」ではなく「読書感想」というカテゴリで記事を書いています。ところがこの書評、本を読めば書けるので一見簡単そうですが…やってみると意外と難しいし、時間がかかるものです。そこで今日は読書から記事のアップまでを30分で終わらせる書評ブログの書き方について「10分間リーディング」を参考に紹介します。最初の1...
たった30分で書評ブログを書く方法 - Mind-B

3.写真を撮る

撮影した写真を載せるだけでも記事にはなりますね。
腕がショボイと公開するのもはばかられますけど。

私の場合はフォトウォークなどイベントレポートとして使うことが多いです。
フォトウォークもやってないな…春になったら企画しよう。

4.旅に出る

旅行は行動の一つ一つがネタになる貴重な体験です。

私も2泊3日の京都旅行で10記事くらい書きました。
(内容はともかくとして)

京都に旅行に来ています。冬の京都は底冷えしますね…寒さ対策が若干甘くて後悔しています。さて、京都はどこに行っても見どころの多い観光都市ですが、旅行記1回目は京都駅から電車で30分ほどの一乗寺にある小さな本屋から。この本屋、いわゆる町の本屋とはだいぶ雰囲気が違います。2015年1月京都旅行記のまとめはコチラ2015年1月京都旅行まとめ - Mind-B京都・一乗寺恵文社―本好きならきっとハマる本のセレクトショップ叡山線・一乗寺駅を降りて歩くこと5分。雰囲気の良いカフェのような本屋・恵文社があります。ここは普通の本屋とは...
京都・一乗寺恵文社―本好きならきっとハマる本のセレクトショップ[京都旅行記#01] - Mind-B

旅行にカメラを持っていかない人はあまりいないでしょうから、写真も撮っておくとモアベター。

5.ネットで探す

一番簡単な方法ですが…私はあまり得意ではないのですねー。

もともとニュース記事などはこのブログではあまり取り扱わないネタですからね。

何かヒントになるようなモノを求め、フィード登録しているブログやはてなブックマーク新着、TwitterやFacebookなどを眺めてみますが…何かが降りてくるのは稀ですな。

まとめ

この他にもランニングの記録などをたまに書いたり、メシログ的なものも書いたりしますが、これらは単なる記録レベルなので例外。

どうしてもネタが浮かんでこないときは気分転換をするといいかもしれません。
この記事も歯を磨いている最中に降ってきましたし。

普段からネタを集めておけば良いんですけどね。
なかなかね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました