【クリエイターのためのタスク管理#09】頭の中の気になることを絞り出す”トリガーリスト”

クリエイターのためのタスク管理 タスク管理・GTD
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

タスク管理の基本は「頭の中の気になること」に対し、きちんと意味付けを行い、必要なタスクを管理することにあります。

そのため、一番最初のステップである程度の時間を取り、気になっていることを書き出すという作業を行うのですが、ある程度書き出すと「これ以上出ない」という状況に陥ります。

そこからさらにもう一絞りする手助けをしてくれるのが、今回紹介する”トリガーリスト”です。

スポンサーリンク

頭の中の気になることを絞り出す”トリガーリスト”

トリガーリストとはその名の通り”引き金となるリスト”、つまりトリガーリストを参照することで、意識の底に沈んでしまっていた「気になること」を引きずり出すキッカケとなるリストです。

“トリガーリスト”でググればいくらでもサンプルは出てきます。
その中から自分のスタイルに近いものを参考にしつつ、削ったり追加したりしながら最終的にはオリジナルのトリガーリストを作っておくと何かと使い勝手がよくなるでしょう。

トリガーリストのサンプルはこんな感じです。

GTD最初の難関は「収集」のプロセス。頭の中の「気になること」を吐き出すための「トリガーリスト」を用意した。
GTDに役立つトリガーリスト - ITmedia エンタープライズ

個人的にはこんなリストを使っています。

  • 納期の近い仕事はないか?
  • やってみたい仕事はないか?
  • 家の中で補充しておかなければならない備品は?
  • 自分の持ち物の中で修理やメンテナンスが必要なモノは?
  • 机や棚は片付いているか?
  • 創りたいモノは?
  • 欲しいモノは?
  • 行きたい場所は?
  • 読みたい本は?
  • 観たい映画は?
  • 家族に関して何か心配事などはないか?
  • 自分の健康で心配なことは?

ザックリこんな感じですかね。

トリガーリストは最初の「気になること」を洗い出すステップ以外にも、定期的に見直すことで常に「気になること」を収集することができるようになります。
トリガーリスト自体も定期的にメンテナンスしておくと良さそうですな。

まとめ

最初から自分仕様のトリガーリストを作るのはなかなか難しいかもしれません。

何度かサンプルとなるトリガーリストを使い、自分のライフスタイルやライフステージに合わせてカスタマイズしていくのが一番の近道です。
先人の知恵は有効に使いたいものですな。

タスク管理についてはコチラの記事もどうぞ

前回の記事で少し説明した"今日やることリスト"について詳しくみていきましょう。"今日やることリスト"は毎日のレビュー時に各種リストから「その日に」実行可能なタスクを選択したリストになります。闇雲にタスクを選んでいてはうまくこなせません。今日やること、あるいはやるべきことは一体何なのか、戦略的に考える必要があります。"今日やることリスト"を作る手順としては以下のようになるでしょう。「カレンダー」をチェックしてその日にやることが決まっているタスクを抜き出す「次にやることリ...
【クリエイターのためのタスク管理#08】"今日やることリスト"を作る - Mind-B

前回の記事で各リストに振り分けたタスク。基本的にはここからその日にやるべきタスクを引っ張り出し、粛々とタスクをこなしていくのですが…終了したタスクや新たに発生した「気になること」を放置していては、いずれタスク管理システムが崩壊する可能性があります。そうならないために行うのがリストを最新の状態に更新する、GTDで言うところのレビューです。信頼できるタスク管理には最新状態のリストが必須タスク管理システムがもたらす最大の恩恵は、抱えているタスクやプロジェクトを頭の外に出して管理することで、常に頭をクリ...
【クリエイターのためのタスク管理#07】信頼できるタスク管理には最新状態のリストが必須 - Mind-B

前回の記事で「頭の中の気になること」に対して意味付け、つまりゴールの設定を行いました。今回はそのゴールを達成するために行うべき行動(タスク)を決め、さらにタスクを扱いやすくするために適切な場所への配置する、GTDで言うところの整理ステップについて解説します。次のアクションを決めて適切な場所に配置する「頭の中の気になること」にゴールを設定しただけでは、いつまでたってもゴールに辿り着くことはできません。そのゴールへ進むためのアクション、つまりタスクを決めて行く必要があります。"タスク"と&quo...
【クリエイターのためのタスク管理#06】次のアクションを決めて適切な場所に配置する - Mind-B

前回の記事で「頭の中の気になること」をすべて洗い出しました。しかし気になることを集めただけでは、タスクは一つも解消しません。それぞれの「気になること」についてしかるべき行動を決めてあげる必要があります。これはGTDで言うところの"処理"ステップに該当します。気になることに意味付けをする気になることに意味付けをするとはどういうことか。一言で言うと「それぞれの気になることについて"望むべき結果(ゴール)"を明らかにし、次の行動を決めてしまう」ということです。書き出した「気になること」...
【クリエイターのためのタスク管理#05】気になることに意味付けをする - Mind-B

今回からタスク管理の基本的部分について少し細かく解説していきます。まずは「気になることを一箇所に集める」、GTDで言うところの"収集"ステップについて。タスク管理というと「やるべきこと」に着目しがちですが、抱えているプロジェクトから日常雑務まで、頭の中身を棚卸ししてあげる必要があるのです。気になることを一箇所に集めるタスク管理とは自分がやりたいこと(あるいはやるべきこと)をきちんと把握して管理するための技術です。したがって、まず一番最初にやるべきは自分がやりたいこと・やるべきことを書き出...
【クリエイターのためのタスク管理#04】気になることを一箇所に集める - Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました