ぐるぐるボケがヤバい!オールドレンズ『Canon FL 50mm F1.8』を使ってみました

Canon FL 50mm F1.8 写真・カメラ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

昨年のクリスマスに”ぐるぐるボケ”で有名なオールドレンズ『Helios44』をプレゼントして以来、毎日楽しそうに写真を撮っている奥様。

その様子があまりに楽しそうなのでちょっと羨ましいなーなんて思いながらカメラ屋のジャンクを漁っていたところ…「和製Biotar」なんて呼ばれている『Canon FL 50mm F1.8』を発見。

ざっとチェックしたところ、それほど状態も悪くなさそうだったので思わず購入してしまいました。

レンズアダプターを介してSONY α7Ⅱにて試写をしてみましたので、その写真をアップしておきます。

スポンサーリンク

ぐるぐるボケがヤバい!オールドレンズ『Canon FL 50mm F1.8』を使ってみました

まずは絞り5.6で撮影。
ジャンクですが特に問題のない写りですな。

続いて絞り1.8で枯れ葉を撮ってみたところ。
ぐるぐるボケが発生しています。

梅を撮ってみました。
激しく荒ぶったぐるぐるボケですねー。


ちょっと酔いそう…(笑)

背景の空気が歪んでしまっているような、そんな印象ですな。

いやー、1000円でこの写りならいい買い物したなー。

まとめ

1000円のジャンクでレンズ内に小カビとチリの混入がありますが、写りには特に影響なさそうでお得感満載のレンズでした。

最近のオールドレンズ人気によって本家Carl Zeiss Jenaの『Biotar 58mm f2』が3万5000円前後、Biotarコピーの『Helios44 58mm f2』が8000〜15000円くらいになってます。
それに比べたら格安としか言えませんなー。

そんな格安ぐるぐるボケレンズの『Canon FL 50mm F1.8』ですが注意事項が2点ほど。

まずはコチラのレンズ、写りを良くするために酸化トリウムという放射性物質が練り込まれています…いわゆる「アトムレンズ」ってやつです。
普通に使う分には健康被害など出ないそうですが…ちょっと不気味ですね。
気にする人は気をつけたほうがいいかも。

またFLレンズはその後発売されたFDレンズマウントと互換性がありますが、FD用のマウントアダプターを使うときはそのままだと使えない可能性もありますので注意が必要です。
私はちょっとだけ改造しましたが…その辺りはあくまで自己責任でお願いしますね。

さて、使っていて気づいたのですが…私はそれほどぐるぐるボケは好きじゃないのかも(笑)。
やっぱりオールドレンズは使い慣れた『Minolta MD ROKKOR 50mm F1.4』が一軍レンズになりそうです。

いやーそれにしても2017年はオールドレンズばかり使ってるなー。
沼にはまらないように気をつけないと(といいつつジャンク屋巡りをしてしまう)。

▲「和製Biotar」についてはコチラのブログを参考にさせていただきました。

レンズ遊びの記事はコチラにも

SONY α7Ⅱにマウントアダプターを使ってMINOLTA ROKKORレンズを取り付けてみました。オールドレンズを使用しての撮影は若干のクセがありますが、慣れてしまえば結構簡単です。今回使用しているアダプター、α7Ⅱの設定、撮影した写真について紹介します。使用しているマウントアダプター今回使用したのはコチラのマウントアダプター。Kernel ミノルタMDマウントレンズ-Sony Eマウントアダプター α7/α6000/α5100【ネットショップ ロガリズム】MD-NEXposted with カエレバ Kernel Amazon楽天市場Yahooショッピング7net送料込みで3,000円...
SONY α7ⅡにMINOLTAのオールドレンズを装着&試写 - Mind-B

SONYのフルサイズ機α7Ⅱ。軽いし本体に手ぶれ補正機構が搭載されていて使い勝手の良いカメラなのですが、いかんせん対応レンズが少ないんですね。個人的には汎用ズームが1本あると便利だなーと思っているのですが、フルサイズ用だと価格的に厳しいし。なんとか上手いことできないか調べてみましたよ。APS-C専用レンズをフルサイズ機で使うα7ⅡはEマウントというマウントを使っています。その中でα7シリーズのフルサイズ対応レンズがFEレンズ、α6000やNEXシリーズなどAPS-C用レンズが(いわゆる)Eマウントレンズというわけですな。今のと...
フルサイズのSONY α7ⅡでAPS-Cレンズを使う方法 - Mind-B

一眼レフを使うようになって3年位経ちますが、ようやく広角レンズを購入しました。今までは50mm前後の単焦点か汎用的に使える広角ズームばかりだったのですが、ちょっと使ってみようと思いまして。ササッと紹介しておきます。MINOLTA MD WROKKOR 28/2.8えっ、MINOLTA?はい、MINOLTAです。それもマニュアルフォーカス。何か最新のレンズとか期待していたらごめんなさいね。値段は7,000円くらいですかね。SONYのEマウントで販売されているツァイスの広角レンズが8万弱なので10本くらい買えますな。開放2.8、30cmまで寄れます。さすがに...
初めての広角レンズ購入レポート - Mind-B

αアンバサダープログラムでモニターとしてお借りしたα6000。今日はフルサイズ用のレンズ"Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA"を付けて撮影してみました。55mmツァイス ゾナーT*今回は花中心に撮ってみましたよ。▼F1.8▼F5.6▼左右で色が違いますね。▼ユリも咲いてましたよ。まとめAPS-Cのα6000にフルサイズのレンズを付けたので、画角が82mmくらいになるんですね。距離感をつかみづらいのと、レンズの重さ・大きさが気になったりして、ちょっと使いづらいかも…。α6000は軽いレンズを付けて、スナップ的に使うのがベストなんじゃない...
α6000にフルサイズのレンズを付けて撮影 - Mind-B

Lomographyから発売されたレンズ『LOMO LC-A MINITAR-1 Art Lens』の開封の儀と試写レポートです。トイカメラの傑作として名高い「LOMO LC-A」特徴的な描写のレンズは世界中の人を虜にしてきました。そのレンズを交換レンズ式カメラで使えるようにしたのが今回紹介する『LOMO LC-A MINITAR-1 Art Lens』さっそく見てみましょう。開封の儀こんな感じのパッケージに入っています。早速開けてみましょう。レンズが出てきました。箱の中身はこんな感じです。レンズ・マニュアル・レンズケース・クリーニングクロスが入っています。レンズ...
『LOMO LC-A MINITAR-1 Art Lens』開封の儀と試写 - Mind-B

コメント

  1. 私の記事「和製ビオター」見ていただいたんですねぇ。ありがとうございます^^
    α7の初代について検索しててたどり着きました♪

    とりあえず、ご挨拶まで^^

    • hir0cky より:

      スピードマスター様
      コメントありがとうございます。
      「和製ビオター」の記事、大変参考になりました。

タイトルとURLをコピーしました