豆花が好きすぎて毎日でも食べたいので「なんちゃって豆花」を作ってみた話

なんちゃって豆花 ごはん・レシピ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

先日の台湾旅行で私たち夫婦のハートをガッチリとワシづかみにした台湾スイーツの豆花(トウファ)。

東京でも豆花を求めて浅草淡路町のお店に足を運んだりしていましたが、もっと気軽に豆花を食べたい!という奥様の手によって、ついに「なんちゃって豆花」が開発されました。

その作り方と感想をお届けします。

スポンサーリンク

豆花が好きすぎて毎日でも食べたいので「なんちゃって豆花」を作ってみた話

この「なんちゃって豆花」作りのアイデアは、先日スーパーの豆腐売り場でこの商品を見つけたことから始まりました。

パッケージには温めても、デザートとしてもおいしく食べることができるといった旨のことが書いてあります。

「これで豆花が作れるかも?」と奥様はノリノリです。

ボウルに豆腐をあけ、レンジで1分ほど温めてみました。
温めた豆腐の上にきび砂糖を適量かけます。砂糖は気持ち多めの方が最終的にはおいしく食べられそうです。

きび砂糖をかけた豆腐にお湯を注ぎます。

できあがったのがコチラ。
豆花に見えないこともないですが…

恐る恐る実食…印象としてはちょっと豆腐の香りが強く感じますが、きび砂糖シロップと一緒に食べると何となく豆花の味がしないこともないような。
思ったよりはずっとおいしくて、これは意外とありかもしれませんなー。

プレーンな豆花がお好みの奥様もこの「なんちゃって豆花」が気に入ったようです。

まとめ

というわけで、この「なんちゃって豆花」、意外とありということがわかりました。

小豆とかタピオカとかトッピングしてみたら、より一層本物に近づきそうです。

台湾旅行から帰国して豆花が恋しくなったら、一度試してみる価値はあるかもしれませんよー。

コチラの記事もどうぞ

先日の台湾旅行以来、すっかりお気に入りになった台湾のスイーツ・豆花(トウファ)。東京でも食べられるお店はないのかなーと探したところ…浅草に『浅草豆花大王』というお店があることが判明。さっそく奥様と行ってきましたよー。『浅草豆花大王』―浅草寺の奥にある隠れた台湾スイーツのお店まずは「浅草豆花大王』への行き方を簡単にご紹介。銀座線・浅草駅から浅草寺を抜け、いわゆる裏浅草(奥浅草/観音裏)エリアに向かいます。雷5656会館の左側の道に入り、東京三大かりんとうで知られる『小桜』を過ぎたあたり、『浅草豆花大...
『浅草豆花大王』―浅草寺の奥にある隠れた台湾スイーツのお店 - Mind-B

東京で食べられる台湾スイーツ・豆花(トウファ)のお店、2軒目は神田淡路町にある『東京豆花工房(とうきょうまめはなこうぼう)』をご紹介。常時7種類以上用意されているトッピングは全部のせることも可能という、豆花好きにオススメのお店でしたよー。『東京豆花工房』とは『東京豆花工房』は2015年12月に都内初の台湾伝統豆花専門店としてオープン。台湾人の奥様を持つ店主が台湾での修行後に試作を重ねて作り上げた台湾伝統豆花を食べることができるお店です。過去には『じゅん散歩』や『ぶらり途中下車の旅』などのテレビ番組で...
神田/秋葉原『東京豆花工房』―トッピング全部のせも可能な豆花専門店 - Mind-B

台湾ではいろいろと初めての食べ物に挑戦しましたが、その一つが台湾スイーツの豆花(トウファ)。豆腐プリンに甘いシロップとトッピングを乗せただけのシンプルなスイーツですが、これが食後のお口直しにちょうどいいんですねー。今回の旅では2軒のお店で豆花を食べたので、それぞれの豆花をご紹介。ローカル夜市の近くにある『手工同家豆花』まず1軒目は台湾のローカル夜市・楽華夜市の近くにある『手工同家豆花』。看板の似顔絵にあるイケメン兄弟のお店です。2017年3月にできたばかりの店とのことで、キレイでシャレた感じですな。...
『手工同家豆花』と『豆花荘』―台湾スイーツ・豆花の食べ比べ - Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました