御徒町のインド料理店「ヴェジハーブサーガ」―日本とインドが交差する店

Pocket

スポンサーリンク

IMG_0855

おいしいインド料理が食べたい。

それも本格的なやつを。

そんな願いを叶えてくれる店が御徒町に存在していた。

店の名は「ヴェジハーブサーガ」。
早速行ってみましょう。

スポンサーリンク

御徒町のインド料理店「ヴェジハーブサーガ」―日本とインドが交差する店

御徒町から歩くこと数分、目的の店を見つけました。

▼看板からしてパンチが効いてますな。期待できそう。

IMG_0852

▼THE・インドという感じの料理が並んでいますよ。

IMG_0851

ちなみにこのお店、注文してから作り始めるので料理が出てくるまで結構な時間がかかるんですな。
ゆっくりと食事ができるときに行くのが吉のようですよ。

▼一品目。多分マサラ・ワダ。
コロッケのようですが、外も中も豆でできていて、思ったよりもスパイシーで辛い。

IMG_0853

▼ヴェジ・カバブ。カバブと言えば肉ですがこれは豆と野菜でできているのですよ。
思ったよりも食べごたえがあっておいしい。でも辛い。

IMG_0854

▼この長いのはドーサ。米粉をクレープ状に焼いたものらしいです。
これの食べ方がよく分かっていなかったのですが、見るに見かねた隣の席のイケメンインド人のお兄さんに日本語と英語交じりで教わりましたよ。

IMG_0856

ドーサを適当な大きさにむしり、中に包まれているイモのペーストのようなものを包む。そこに3種類のソースを適量かけて食べるというのがお作法らしいです。
これも結構食べごたえがありますな。しかもソースが辛い。

▼インドと言ったらやっぱりカレー。カレーだけでも種類がたくさんあって、何がなんだかよく分からないがどれもおいしいです。そして辛い。

IMG_0857

▼爽やかレモンライスと一緒にいただきますよ。やっぱり辛い。

IMG_0858

全体的に辛いんですが、不健康な辛さではなくて何だかカラダに効きそうな辛さ。
この店では辛いは褒め言葉ですな。

まとめ

すでにお気づきかも知れないがこのお店、肉やお酒の類は一切メニューに載っていないんですね。
インド式の完全菜食主義を実現しているとのことですよ。

肉がないと物足りないかな…と思うなかれ。
スパイスとハーブで絶妙な味付けをされた野菜と豆はお腹も満足するボリューム。
それでいて胃がもたれないので翌日とってもラクです。

そしてこのお店のもう一つの特徴。
それは日本にいながらインド気分を味わえるということ。

店員さんはインドの方、お客さんもインドの方が多いみたいですね。
座席数が少ないので相席がルール。
店内に飛び交う遠い国の言語、刺激的なスパイスの香り…ここはもうインド。

さらに店員さんがかなりユルいキャラクターでいい味を出していますよ。
全体的におおらかな感じ。
あまり悩みとかないのかもしれませんな。

水曜の夜に訪れたのですが、お客さんはひっきりなしに来ていましたね。
混雑するときはもっと混むらしいので、事前に予約を入れておくと良いかもしれないですな。
ユルい店員さんが片言の日本語で応対してくれるらしいですけど(笑)。

ヴェジハーブサーガ 東京都台東区

新鮮な香辛料で現地の味! 完全菜食の本場インドの味

住所:東京都台東区上野5丁目22-1東鈴ビルB1F

交通アクセス:JR御徒町駅南口から徒歩1分

営業時間:月~日、祝日、祝前日: 10:30~14:3017:00~23:00

定休日:なし

ホットペッパー Webサービス

カレー好きならコチラもチェック!



Pocket

Tags:
スポンサーリンク

関連記事

2015-03-26 | Posted in 東京案内No Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)