『コクヨ ネガアルバム』―フィルムで撮影した写真のネガをスッキリ保管

レビュー
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

最近「写ルンです」や「チェキ」などフィルムで撮影するアナログカメラが、若い人を中心に流行っていますよね。

普段は写真撮影にデジカメを使っている私ですが、実はアナログカメラを使って写真を撮ったりもしています。

フィルムで撮影するとデジタルにはない味がある写真が撮れて楽しいんですよね。
ただ、ちょっと困るのが現像したあとのネガの扱い。

スキャンしたデジタルデータがあるからネガはいらないという人も多いかと思いますが、大きなサイズでキレイにプリンしたいときはやはりネガが必要になるので、よく撮れた写真のネガは保管しておくほうが何かと役に立ちます。

とは言え私自身もこれまできちんとした保管をしていたわけではなく、写真屋さんから返ってきたネガシートの状態で保管していたのですが、だいぶ枚数が増えてきてしまいこのままだと奥様に怒られる気がしてきたので、整理・保管用に『コクヨ ネガアルバム B4 両面ポケット』を購入してみました。

ファイルにネガシートを綴じるだけの単純なものなのですが、これがなかなか使い勝手が良いので紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

『コクヨ ネガアルバム』は容量タップリ、50枚のネガシートを綴じることが可能

コチラが『コクヨ ネガアルバム』。
最近のコクヨらしいプラスチック製の表紙です。
カラーはブルーのみ、サイズはB4サイズとなっております。

開いてみるとこんな感じ。
左にあるのはインデックスシート、右にあるのはインデックスとなっています。

このインデックスを各ページシートに挟みこむことで検索効率を高めるというわけですな。
記入項目は「No.」「TITLE」「DATE」「PLACE」「MEMO」という汎用的な項目となっております。

コチラが実際にネガを挟み込む台紙となります。
薄いポリプロピレン製の台紙にはポケットが7段あるので、36枚撮りのネガも1枚の台紙に収納可能。
私はクリアータイプにしましたが乳白色タイプもありますので、ネガとポジで使い分けなんかもできそうです。

実際にネガをポケットに挟み込むとこんな感じです。
スムースに出し入れが可能なので特にストレスを感じることはありません。

アルバムに綴じたところ。
台紙の上部に2つ穴が空いているので、そこを綴る形になります。
横綴じでも良いような気がしますが、これはこれでめくりやすいので特に問題ないかと。

今回購入した商品には台紙が20枚付属していましたが、足りない場合には別売りの台紙を追加することが可能です。

『コクヨ ネガアルバム』には台紙を最大50枚まで綴ることができます。

まとめ

というわけで『コクヨ ネガアルバム』について紹介しました。

今回私が購入した商品はあらかじめクリアー台紙が20枚付属しているものでしたが、台紙なしのアルバム本体だけという商品もあります。
ポジフィルムでの撮影が中心で、乳白色台紙を使いたい方はアルバム本体を購入し、別売りの台紙(乳白色)を綴じていくのが良さそうですね。

デジタル全盛の今、この商品を使う人はかなり限られてるでしょう。
フィルム自体も生産中止や価格の高騰が続いており、だんだんと手が出しにくくなってきていますし。

それでもやっぱりフィルムで撮った写真には、フィルムの良さがあるんですね。
というわけで、私も今抱えているフィルムの在庫が無くなるまでは取り続けようと思っております(台紙50枚じゃ収まらないかも……? )。

今後の課題としては、現像時に一緒についてくるインデックスプリントの扱いをどうにかしたいなーと思っています。
ひとまずは100均などで売っているポケットサイズのフォトアルバムにでも綴じて、コチラのネガアルバムとリンクするようにすればイケそうなんですけどね。

コチラの記事もどうぞ

最近になってフィルムカメラに目覚めてしまいました。デジタルカメラとケータイの普及で一億総カメラマンとも言われる時代に、あえて逆行しているようなことをしています。それはなぜなのか?今日はそんなことについて語ってみたいと思います。フィルムカメラ歴など僕が最初にカメラを持ったのは今から25年以上前の小学5年生のとき。家族旅行で沖縄を訪れたときに、某進○ゼミの付録のトイカメラを持って行ったのでした。110フィルムを使っていたのかな?今考えると贅沢なシロモノです。当然デジカメもケータイも無い時代ですからね。...
デジカメ好きだった僕が今さらフィルムカメラを好きになった理由 - Mind-B

ワタシの愛用のトイカメラ「Lomo LC-A(写真はLC-A+)」。全国的に愛用されている方も多いと思います。基本的に露出はオートだし、距離感さえ間違えなければ撮影できるお気軽で楽しいカメラなのですが…1つだけ注意しないといけないことがあります。先日ウッカリとやらかしてしまったので、実例を踏まえてご紹介。LC-Aの欠点…それは電池がないと動かないこと個人的にLC-Aはとても気に入っていて、なぜか4台くらい所有しているのですが(1台はジャンク…貴重なソ連製なので直したいのですけど)、一つだけ残念な点があるんですね。それは...
Lomo LC-Aユーザーが気をつけるべきただ一つのこと - Mind-B

2014年に全世界4000本のみ限定発売となった「Lomography Cine400 Tungsten Film」映画撮影用のフィルムを35mmフィルムカメラで使用できるようにしたフィルムでちょっとした話題になったヤツです。手元に4本あったので、お試しで1本使ってみました。使用カメラはLOMO LC-Aです。想像とちょっと違う…?ちょいちょいいい感じのもありますが、なんだか全体的にモヤッとした印象…。露出があってないのかな?まとめ予想ではもう少しクリアなイメージだったのですが…まあ私の腕がアレだったんですかね。映画の1シーンっぽいと言えば、ぽい気も...
Lomography Cine400 Tungstenフィルム使用レポート - Mind-B

最近カメラ屋のフィルム売り場で見かけるようになった青いパッケージが印象的な『Hillvale(ヒルヴェール) SUNNY16』を使ってみました。安定した写りで比較的入手もしやすい、使いやすいフィルムでしたよ。Hillvale SUNNY16『Hillvale SUNNY16』はオーストラリア製のネガフィルムです。27枚撮りでISO感度は400、DXコード(カメラに感度を伝える電子接点)が付いていないのが特徴ですかね。フィルムをセットすると自動で感度設定してくれるカメラで使う場合は要注意ですな。以下、LOMO LC-A+に『Hillvale SUNNY16』を詰めて撮影した写...
青いパッケージが印象的なフィルム『Hillvale SUNNY 16』使用レビュー - Mind-B

先日の「トイカメラ探検隊」で使用したトイカメラ『Vivitar Ultra Wide & Slim(ビビターウルトラワイドアンドスリム)』。そのときに撮った(ちょっと微妙な)写真を何枚か公開しましたが、あの写真がこのカメラの性能だと思われてしまうのも何となく不本意なので、個人的に撮った写真を何枚か紹介してみます。興味のある方は性能の参考にしてみてくださいね。Vivitar Ultra Wide & Slimは晴れの日用のトイカメラこの『Vivitar Ultra Wide & Slim』は、絞りがf11・シャッタースピードが1/125で固定されています。フィルム...
トイカメラ入門機「Vivitar Ultra Wide & Slim」の撮影レビュー - Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました