自分の中の常識を疑ってみると誰かの役に立つの法則

思考・仕事術
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク


The Watchmaker II / Alan Cleaver

普段何気なくやっていること、例えば取引先にメールを送る、仕事のタスクやスケジュールの管理をする、上司に報告書を提出する…などなど、特別な意識をせずに”常識”としてやっていることはたくさんあるかと思います。

実はその中にお宝が潜んでいるというのをご存知でしょうか?

スポンサーリンク

自分の中の常識を疑ってみると誰かの役に立つの法則

自分にとって当たり前のこと、例えばビジネスメールが書けるなんてレベルのことでも、そういう経験がない人にとっては「ちゃんとした文章が書けるなんてすごい」と思ってしまうんですね。

このように「自分にとっては常識のことなんだけど、他人から見ると非常識(なんかすごい)」ということは意外と多いものです。

あまりに普段から当たり前にやっていることなので見落としがちですが、実はこれって立派なスキルの一つなんですね。

さて、先日のライフハッカー(日本版)にこんな記事がありました。

コレもある意味、自分にとっての常識(スキル)を他人にとっての価値(バリュー)に変えた例と言って良いでしょう。

普段何気なくやっていることが仕事になるチャンスかもしれませんよ。

まとめ

スキルを仕事にするためには一度自分のスキルを棚卸ししてみるのも良いかもしれません。
当たり前すぎて見落としていた意外なスキルが、思わぬところで誰かの役に立つこともあり得ますからね。

ちなみに私はビジネス文書や議事録の作成、スケジュール・タスク管理、プレゼンなどのスキルについては、思いもよらないくらい感心されたりします。
せっかくなら何かに活かしたいものですな。

コチラの記事もどうぞ

144 trillion and counting / Dano人前で緊張せずに話せるようになるためにも、フルマラソンを4時間以内に完走するのも、そう難しいことではありません。たった一つのルールを守れば誰にでもできることなのです。結局、数をこなす結局のところ、コレなんですね。私は人前で緊張せずに話せるようになるために、半年間毎週1回人前で話す練習をしました。フルマラソンを4時間以内で完走するために、練習計画を立て、半年間しっかりと練習をしました。どんなに苦手なことでも、半年間みっちりやれば大体のことは身につくんじゃないかと思い...
新しいスキルを身につけるのに必要なたった一つのルール - Mind-B

Fork in the road / JordanAnthonyとある写真展におじゃましてきました。そこで撮影者が作品について簡単なプレゼンをされていたのですが…明らかにプレゼンの上手い下手が分かれてたんですね。写真展なんだから写真が上手ければいいじゃん、と思うかもしれませんが、実はそういうものではないのです。今日はその辺りについて書いておきます。自分の作品についてプレゼンできますか?この作品はどういう意図で撮ったのか、作品を発表するまでどのような苦労があったのか…などなど、写真からだけでは伝えきれない情報というのはたくさん...
プレゼンスキルの有無が成功の分かれ道を決める - Mind-B

世の中には色々なスキルを持っている人がいますよね。何も特殊なものでなくても良くて、ちょっとしたイラストを描くことや楽器の演奏、簡単なプログラムを組むのもスキルと言えます。でもこういうスキルを持っている人に限って、うまく表面に出せていないことがあったりするんですね。そういうのは何だかもったいないなーという思いから記事を書いてみます。スキルがあるのに使わないのはもったいない例えばちょっとした可愛いイラストを描けちゃう人がいるとしましょう。そういう人が自分のブログ等でイラストを使わないのはもったい...
スキルがあるのに使わないのはもったいない - Mind-B

Ask yourself the question,"Will this matter a year from Now?" / Nina Matthews Photography最近少しずつですが、このブログの記事が役に立った、参考になったというコメントをいただけるようになりました。ブログを書くからには誰かの役に立つような記事を書こうと意識していた成果が徐々に現れてきたようで嬉しい限りです。そこで今日は誰かの役に立つような記事を書くために、僕が意識していることを2つ紹介したいと思います。自分の当たり前は他人にも当たり前、とは限らない先日書いたコチラの記事。僕にとってはか...
誰かのお役に立つブログ記事を書くために普段から意識しておくべき2つのポイント - Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました