独立するなら見切り発車、手元にあるもので何とかするという発想

思考・仕事術
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

新規プロジェクトの企画、会社からの独立・起業……などなど、何か新しいことを始めるときって周到に準備をしたくなるものですよね。

確かに準備期間が十分にあって、資金も人脈もたっぷりあって、なおかつみっちりと訓練を積んでから物事を始めればリスクを抑えることができます。

しかし、ひたすらリスクを避け、小さく安全に過ごすことは必ずしも良いこととは限りません。
むしろ時間をかけ過ぎて失われてしまうチャンスもあります。

そんなときは、とりあえず手元にあるものでなんとかする“ブリコラージュ”という考えを身につけておくと役に立つかもしれませんよ。

スポンサーリンク

“ブリコラージュ”の考え方でまずはやってみる

ブリコラージュ(Bricolage)とは、「寄せ集め・あり合わせの道具を使って何かをつくる」という意味です。

要するに自分の手持ちの道具やスキルを使ってどうにかするということですな。

私が次の仕事も決まっていない状態でサラリーマンを辞めたとき、周囲の人間はかなり驚きました。
多くの人に「もっと慎重な人だと思っていた」と言われたんですね。

たしかに私はどちらかと言えば慎重な方だと思ってます。
ストレングス・ファインダーでも「慎重さ」は2番目の資質と判定されていますし。

ただ“慎重”と“鈍重”は違うと思うんですね。
次の仕事の準備ができていないからと言って、モチベーションの上がらない仕事をズルズルと続け、独立を先送りにすることはしたくなかったんです(ここは我ながら思い切ったなーと)。

もちろんやみくもに辞めたわけではなく、ひとまず手持ちのスキルの棚卸しはやりました。
長年のシステム開発の経験はあるし、文章もそこそこ書ける、ちょっとしたプレゼンだってできるし、写真もそれなりに撮ることができる……な〜んだ、意外と手元にはいろいろなものがあるんだなーと思ったんですね。

だったらこの手持ちの武器を上手いこと使えばどうにかなるんじゃないかと。
そこから意識が大きく変わりました。

そして今、正直言って儲かっているわけではないものの、意外とどうにかなっていたりします。
何よりもサラリーマン時代よりも毎日が充実していることが大きいんですね。

「私には十分な時間も、お金も、人脈も、経験もない」と嘆くのはやめよう。少なければ少ないほどよい。制約は見方を変えれば武器である。資源が制限されると、それでなんとかしなければならなくなる。そこには無駄の余地はなく、創造性が求められるのだ。
『小さなチーム、大きな仕事』(p.49)

まさにこれで、制限があるほうがいろいろとアイデアが出てくるし、そこから工夫も生まれます。
机上でうんうんと唸っているくらいだったら、まずは行動を起こしてみると意外と“創造力”ってやつが働いてくれるんじゃないかなーと。

まとめ

囚人が石鹸やスプーンで作った武器を見たことがあるだろうか?彼らは手に入るものだけで目的を果たす。誰かを刺すべきだなんて言っているのではないが、創造性を持つことで驚くべき結果を得られるだろう。
『小さなチーム、大きな仕事』(p.49)

やりたいことがある人は時間や資金、人脈が足りない足りないと泣き言を言うのはやめて、まずは手持ちの武器をフルに使う事を考えてみてはどうでしょうか? 

あれこれ悩んでいる時間はもったいないし、リスクを冒さずに大きなリターンは望むことができません。
むしろ創造力を駆使した先にこそ、今までと違った世界が待っているかもしれませんよ。

こちらの記事もどうぞ

最近会社勤めに少々疑問を持ち出しています。いや、サラリーマンが悪いってことではないのですが…何となくモヤッとした感覚が拭い去れないと言うか、何と言うか。果たしてこのままサラリーマンを続けていていいのか、そんなときに手に取ってみたのがこの本『辞めて生きる技術辞めて生きる技術』です。何とも直接的なタイトルの本書、著者は『週末起業』などでおなじみの藤井孝一氏。週末起業の発売から10年、"現代版週末起業"というスタンスの一冊のようですね。『辞めて生きる技術』by藤井孝一 ― 会社勤めに疑問を感じたら...
『辞めて生きる技術』by藤井孝一 ― 会社勤めに疑問を感じたら読む本 - Mind-B

四角大輔氏の著書『自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと』の紹介です。若いときから「自由」に憧れつつも、具体的なビジョンが描けないまま30代も半ばを迎えてしまいました。毎日毎日、「自由」とは程遠い生活をしながらも、「自分の人生これでいいのかな?」と葛藤し続けている時に出会った本です。社会に出て、世の中のことが色々と分かってくると、いかに自分がたくさんのモノを背負っているか分かるときが来ます。そのときあなたは何を捨てますか?『自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと』by四角大輔―30...
『自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと』by四角大輔―30代でもまだ間に合う - Mind-B

先日参加した「第5回No Second Lifeセミナー」で購入させていただいた、ブロガー・立花岳志(@ttachi)さんのデビュー作、「ノマドワーカーという生き方」をようやく読み終わりました。一言で表すと「ものすごく濃い本」です。濃すぎて思わず2回読んでしまいました。『ノマドワーカーという生き方』by立花岳志会社員からフリーになったプロブロガー立花さんが、独立するまでに行ってきたこと、そして独立してからの生活について、ご自身のブログをきっかけとした経験をベースに丁寧に教えてくれます。個人的にグッときたポイントチャ...
『ノマドワーカーという生き方』by立花岳志 - Mind-B

基本的に同じ日と言うのは二度ないものなのですが、会社に行って仕事して、帰って寝て…の連続だと今の生き方は果たしてどうなの?と疑問を持ってしまいます。何か現状を打破するヒントはないかと思い、『常識からはみ出す生き方 ノマドワーカーが贈る「仕事と人生のルール』を読んでみました。本書の概要今の自分は本当にやりたいことをやっているだろうか?世間の「常識」や誰が決めたか分からない「ルール」にとらわれていないだろうか?そんな常識を疑い、自分のルールを作るためのヒントをくれる本です。個人的にグッときたポイン...
『常識からはみ出す生き方』byクリス・ギレボー - Mind-B

Freedom? / Scarleth Marie「自由に、好きなことを仕事に」という動きが私の周りでも増えてきている気がしています。個人的には良い風潮だと思っていますが、そのうちのどれだけの人が「本当の自由」を感じて仕事をしているのかな、と思ったりもしています。そもそも、自由って一体何なんでしょう(ちょっと尾崎豊っぽい)。自由という熟語は、自らに由る(よる)と書きますが、私は自らに由って生きていると実感しています。自らに由っていますから、孤独で寂しいという思いはありません。むしろ、気楽で平和です。(『一〇三歳になっ...
自由とは自分の人生に責任を持つこと - Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました