タスク管理の本質を考えたら結局紙ノートが最強なのかも

TodoistからB5ノートへ タスク管理・GTD
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

これまでいろいろなタスク管理ツールに手を出してきました。

Toodledo』『Trello』『Todoist』……などなど、どれもすばらしいツールで、うまく使いこなすことができればさぞかし生産性が上がったのでしょうが、私自身の性格的にどうも使いこなすことができなくて。

結局シンプルな紙ベースに戻したところ、これが意外としっくり来ています。

そんなわけで、現在私がやっているタスク管理法をご紹介。

スポンサーリンク

B5ノートを使ったタスク管理

2017年の今頃、ちょうどこんな記事を書いていました。

タスク管理ツールとして長年使ってきた「Toodledo」。有料会員に登録して愛用していたのですが、この度「Todoist」に乗り換えることにしました。もちろんToodledoはとても優れたサービスなのですが……このところメッキリ使わなくなっちゃってたんですね。そこでアカウント登録だけしていたTodoistを使い始めてみたところ、これがめっぽう使いやすい。ToodledoとTodoist、似て非なるサービスですが、私が乗り換えを決めるきっかけとなった理由を3つご紹介します。ToodledoからTodoistへ―私がタスク管理ツールを乗り換えた3つの理由1.シン...
ToodledoからTodoistへ―私がタスク管理ツールを乗り換えた3つの理由 - Mind-B

『Todoist』はシンプルなインターフェイスで使いやすかったのですが、どうも私のタスク管理はデジタルツールとの相性が悪いみたいでして。

現在使っているのは月間カレンダー(Googleカレンダー)とB5のリングノート1冊のみ。

まず確定している予定(仕事や人と合う約束など)はカレンダーに書き込んでおきます。
カレンダーに書き込んだ予定は基本的に動かないものなので、予定を書き込んだらひとまずおしまい。
随時参照する程度です。

次にB5ノート(見開き4ページくらい)に今抱えている仕事、やるべき雑用、読むべき本、買うべきもの、その他気になることを書き出します。
これはGTDで言うところの”収集”ステップと同じです。

GTDの”収集”ステップについてはコチラの記事をどうぞ。

今回からタスク管理の基本的部分について少し細かく解説していきます。まずは「気になることを一箇所に集める」、GTDで言うところの"収集"ステップについて。タスク管理というと「やるべきこと」に着目しがちですが、抱えているプロジェクトから日常雑務まで、頭の中身を棚卸ししてあげる必要があるのです。気になることを一箇所に集めるタスク管理とは自分がやりたいこと(あるいはやるべきこと)をきちんと把握して管理するための技術です。したがって、まず一番最初にやるべきは自分がやりたいこと・やるべきことを書き出...
【クリエイターのためのタスク管理#04】気になることを一箇所に集める - Mind-B

この見開き4ページに書き出したタスクを”マスター”にします。

次に週1回(週末など)に、次の週にやるべきタスクをマスターから週間計画のページに転記。

あとは週間計画のページを参照しながら、日々のタスクを決定しこなしていきます。

週末になったら、完了したタスクをマスターから消し込み、次の週の計画を立てます。

終わらなかったタスクについてはなぜ終わらなかったのかをレビューし、必要なタスクであれば再度計画、不要なタスクであればマスターから削除。
だいたいこんな流れです。

マスターリストを作っておけばヌケモレはなくなりますし、週間計画を立てると同時に週次レビューもできるので便利、何よりも面倒なツールを使わなくても良いというのが個人的にあっているようです。

ちなみにこのやり方は下記の書籍を参考にしました。

タスク管理の本質を見抜く

タスク管理やGTD、あるいはノート術というのは凝ろうと思えばいくらでも凝ることができます。
手法もツールもGoogle検索すればいくらでも出てきますし、中にはインスタ映えを狙ったタスク管理なんてのもあります。

私も一時期そういう情報をだいぶ追いかけたりもしましたが、ふと立ち止まってみるとちょっと違うんじゃないかなーと思ったりしてですね。
要するにものごとの本質を見抜かないといけないんじゃないかと。

タスク管理の本質は「やるべきことをやるべきときに忘れずにこなす」という部分にあります。
いつしかそれがツールの凝った使い方になったり、神経質なくらいタスクを細分化してみたり、どうもそういう流れになってしまっている気がするんですね。

凝ろうと思えばいくらでも凝ることができるけど、どうもそれでは本質を見失ってしまう。
だったらシンプルに徹した方が何かと効率がいいんじゃないかなーと思ったりしてるわけです。

それが私には紙のノートだったというわけでして。
今回紹介した方法は特に目新しいことをしているわけでも、おかしなことをしているわけでもありません。
ある意味タスク管理の基本的な部分だと思っています。

今後最高に使いやすいタスク管理ツールが登場すれば乗り換えるかもしれませんが、自由にカスタマイズできる紙ベースでのタスク管理こそが最強なんじゃないかなーと。

まとめ

というわけで、現在やっているタスク管理について簡単に紹介しました。

タスク管理というと高機能なツールを使わなきゃとか、実行できるレベルまで細分化しないといけないとか、何となくそんな風潮があるようですが、実はそんなことはありません。

タスク管理の本質を考え、自分に最適なツールを使うのが正解なわけです。

タスク管理にチャレンジしたけどなかなかうまく続けられないという人は、一度シンプルなシステムを試してみると案外すんなりといくかもしれませんよ。

タスク管理を学ぶのにおすすめの書籍

コチラの記事もどうぞ

以前コチラの記事でも書きましたが、クリエイター(好きなことで食っていきたい人)こそタスク管理を学ぶ必要があると考えています。そこで【クリエイターのためのタスク管理】と題し、クリエイターが知っておくべきタスク管理について解説していこうと思います。第1回目はタスク管理の基本『GTD』についてのおさらいです。タスク管理の基本『GTD』についておさらい『GTD(Getting Things Done)』とは生産性向上コンサルタントであるデビット・アレン氏が提唱する生産性を向上させるためのフレームワーク。ザックリとに言ってしまえば...
【クリエイターのためのタスク管理#01】タスク管理の基本『GTD』についておさらい - Mind-B

Index Card System / koalazymonkeyGTDの再学習として始めたこの企画、第1回は「収集ステップ」での疑問とその対応方法について書いてみたいと思います。GTD最初のステップである「収集」。GTDをかじった人なら誰でも一度はやったことがあるでしょう。一見、気になることを集めるだけの単純作業のようですが、どうも個人的につまずいてしまうところがあったのでまとめておきます。【GTD再学習#01】収集ステップがうまくいかない理由(前編)なぜ収集ステップがうまくいかないか?収集ステップをやり切ると"ものすごいスッキリ感&q...
【GTD再学習#01】収集ステップがうまくいかない理由(前編) - Mind-B

Mess / karindalzielGTDの再学習として不定期に書いているこの企画、第2回は前回に引き続き「収集ステップ」がうまくいかない原因を探っていきます。前回の記事では収集ステップが上手くいかない5つ原因のうち、1〜3について考えました。収集ステップをやる時間がないそもそも収集することが少ない書く力が足りない目の前のやるべきことの収集で完結している頭の中だけで完結しようとしている今回は後編として4・5の原因について考えていきます。【GTD再学習#02】収集ステップがうまくいかない理由(後編)目の前のやるべきことの収集...
【GTD再学習#02】収集ステップがうまくいかない理由(後編) - Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました