【GTD再学習#05】やることリストにいつまでも残り続けるタスクを片付ける

タスク管理・GTD
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク


56/366 / tracitodd

GTDを再開して、1ヶ月半。
さぞかしストレスフリーにタスクをこなせているのだろう…と思いきや、タスクがあまり減っていません。

厳密に言うと日々の瑣末なタスクはそれなりにこなせているのですが、いわゆる”プロジェクト”系のタスクがこなせていない感じです。

これは一体なぜなのでしょう?
今回はこの辺りについて考えてみます。

スポンサーリンク

【GTD再学習#05】やることリストにいつまでも残り続けるタスクを片付ける

タスクを実行するにはパワーが必要?

GTDでは、次の4つの基準で実行できるタスクを判断します。

  1. そのときの状況
  2. 使える時間
  3. 使えるエネルギー
  4. 優先度

単発のちょっとしたタスク(○○を買うなど)であればこの基準でカバーできますが、”プロジェクト”や”目標を達成するためのタスク”はなかなか着手できません。

特に目標は「重要だけど緊急ではないこと」レベルのタスクが多いため、上記4つの基準で判断するとどうしても後回しになってしまいがちです。

何かうまい方法はないものでしょうか?

「ToDoリスト」を作る

「なんだ、当たり前じゃないか」とお叱りを受けそうですが…。

GTDではタスクの洗い出しについては徹底して行いますが、それを「いつやる」と言うところまではあまり言及していません。

※実行する日が決まっているタスクはカレンダーに入れますが、これはあくまで「この日にやる」というリマインダーなんですね。

それとは別に洗い出されたタスク群の中から「今日はこれとこれを実行する」というToDoを抜き出しておけば、プロジェクトが進まないという問題は解決できそうです。

ではその「ToDoリスト」どのように作ればいいのでしょうか?

ToDoリスト作成の注意点

ToDoリストを作成する際は以下の点に注意すること必要がありそうです。

実行可能なタスクレベルまで落とし込まれている
これはGTDの基本概念ですね。
すべてのタスクは物理的に実行可能な具体的行動になっていることが前提です。

その日のMIT(Most Important Task)を決める
MITとはその日に絶対達成すべきタスクのこと。
日々の雑用に埋もれてしまいがちな目標達成のためのタスクなどを設定しましょう。
これで少なくともプロジェクトが進まない事態は回避できそうです。

その日にやると決めたToDoに集中し、後からタスクを追加しない
これは「クローズドリスト」の考え方です。
クローズドリストとは「マニャーナの法則」で提唱されている、一日の作業量をあらかじめ決めておくことで効率的に作業を進めるためのリスト。

あらかじめその日のタスクを決めておくことで、タスクにかけるリソース(時間や体力・気力など)を有効に活用することができます。
あれもこれもと手をつけた結果、何もできなかったでは哀しいですからね。

まとめ

今回ToDoリストを作るという、ある意味当たり前の事に気づいたのは
「GTD+R」という手法を見なおした結果です。

eXtreme Gadgetは、アナログの良いところを取り入れシンプルに思考を活性化してくれる究極のアイテムです
GTD + R (Getting Things Done + RHODIA) (eXtreme Gadget (エクストリーム ガジェット) ポケットに入るアジャイルな究極の小道具) - gadget.cre8system.jp

「GTD+R」ではタスク1つにつき1枚のシートを作り、それを「TODAY」「WEEK」と言ったポケットに割り振ることでゲーム感覚でタスクをこなすという手法。
「TODAY」ポケットの中のシートがなくなればその日のタスクは終了となります。

これを見た時にGTDではこの「その日のタスクをこなす」という事にあまり言及していないということに気づきました。
どうもGTDの考え方にとらわれすぎてしまっていたようです。

GTDは「タスクを洗い出し管理する優れた手法」であり、完璧な「タスク実行の手法」ではないと認識したほうがいいのかもしれませんね。

GTDについてはコチラの記事もどうぞ

やりたいこと、やらなきゃいけないことがたくさんあるのに、何だかモヤモヤしてうまく行かない感じがずっと続いています。そこで今回で何度目かのGTDに挑戦しようかなーと思っています。今までうまく行かなかった点や、それを踏まえた今回のやり方について簡単に記事にしてみますので、GTDがうまくいかないなーと感じている人は参考にしてみてください。シンプルなシステムでGTD再始動します!GTDとは何か?もはやライフハック界隈では知らない人はいないであろうGTDですので、詳細な説明は割愛して簡単に。頭のなかの気になることをす...
シンプルなシステムでGTD再始動します! - Mind-B

GTD-con-letras-de-madera / carlescvGTDを再開したものの、何だか上手く回せてないなーとモヤモヤした感じが強いので、原典を呼んでGTDの再学習を始めることにします。せっかくなので勉強した内容をここに残してシェアしていきますね。GTDを始めたものの何かスッキリしないなーという人にはヒントになるかもしれませんよ。GTDについて基礎から再学習を始めますそもそも何がうまく回せていないのかまずはうまく回せていないと思う理由を考えてみました。システムを本当に理解しているだろうか?使っているツールは適切だろうか?GTDの...
GTDについて基礎から再学習を始めます - Mind-B

Index Card System / koalazymonkeyGTDの再学習として始めたこの企画、第1回は「収集ステップ」での疑問とその対応方法について書いてみたいと思います。GTD最初のステップである「収集」。GTDをかじった人なら誰でも一度はやったことがあるでしょう。一見、気になることを集めるだけの単純作業のようですが、どうも個人的につまずいてしまうところがあったのでまとめておきます。【GTD再学習#01】収集ステップがうまくいかない理由(前編)なぜ収集ステップがうまくいかないか?収集ステップをやり切ると"ものすごいスッキリ感&q...
【GTD再学習#01】収集ステップがうまくいかない理由(前編) - Mind-B

Mess / karindalzielGTDの再学習として不定期に書いているこの企画、第2回は前回に引き続き「収集ステップ」がうまくいかない原因を探っていきます。前回の記事では収集ステップが上手くいかない5つ原因のうち、1〜3について考えました。収集ステップをやる時間がないそもそも収集することが少ない書く力が足りない目の前のやるべきことの収集で完結している頭の中だけで完結しようとしている今回は後編として4・5の原因について考えていきます。【GTD再学習#02】収集ステップがうまくいかない理由(後編)目の前のやるべきことの収集...
【GTD再学習#02】収集ステップがうまくいかない理由(後編) - Mind-B

Stones on mountain top / Jonas BGTDの再学習として不定期連載のこの企画、第3回は"処理ステップ"で私が失敗した原因について考えていきます。"収集ステップ"で集めた「気になること」について「処理」していくわけですが…どうも私はこのステップについて、ある思い違いをしていたようなんですね。一体どんな思い違いをしていたのか。それでは詳しく見て行きましょう。【GTD再学習#03】処理ステップでは「望むべき結果」を明らかにするワークフロー通りに処理してもうまくいかない…?収集した「気になること」を...
【GTD再学習#03】処理ステップでは「望むべき結果」を明らかにする - Mind-B

Someday and Again / Old SargeGTD再学習として不定期連載しているこの企画。第4回は「いつかやる/多分やる」リストの効用について考えてみます。この「いつかやる」リストの立ち位置がよく分かっていなかったのですが、最近になってようやく使い道が分かってきました。今回はその辺りのお話をしていきます。【GTD再学習#04】「いつかやる」をうまく使うと「やるべきこと」に集中できるいつかやる=先送り?この「いつかやる」と言う言葉に「今は考えたくないのでとりあえず先送り」的な、ある種のネガティブな感情がつきまとうイメー...
【GTD再学習#04】「いつかやる」をうまく使うと「やるべきこと」に集中できる - Mind-B

コメント

タイトルとURLをコピーしました