吉祥寺でオススメの本屋7選

Pocket

スポンサーリンク

Bookshelves
Bookshelves / gpoo

以前、こんな記事を書きました。

今回は吉祥寺でオススメの本屋を紹介します。
吉祥寺は新刊・古書を扱うお店が充実しており、吉祥寺に行けばだいたいの本が揃うんじゃないかというくらいですが、個人的によく行くお店を中心にご紹介。

スポンサーリンク

百年

個人的に吉祥寺の本屋で一番足を運んでいる店かも。

吉祥寺東急近くのビル2階にあり、小さなお店ながらも古書を中心にした品揃えです。
セレクトされた新刊やZINEも扱ってます。

幅広いジャンルを取り扱っていますが、特に写真集や画集などアート系の本が充実している感じです。

トークショーや写真展示などのイベントも随時やっているようですね。

この店に行くと帰るときにはなぜか本を買っていることが多いです。
なぜかちょうど探している本が見つかるんですよね。

古本読みたや

井の頭通り沿いにある古本屋です。
心理・思想・趣味・アートの本を中心に幅広いジャンルを取り扱っています。

古本と言うより古書、という表現が似合いそうな品揃え。
希少本も充実しているみたいですよ。

品切れになっている岩波文庫(岩波文庫には原則的に”絶版”はないそうです)も結構あるので、古い本を探している人は足を運んでみると良いかもしれません。

バサラブックス

吉祥寺駅の公園口を出てすぐのところにある古本屋。
漫画、サブカル系の本が充実しています。

店舗はかなり小さいですが、品揃えが面白いのでフラリと立ち寄ってみると思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれません。

サブカル本や学術系の文庫については、比較的高額で買い取ってもらえるようです。

古本センター

吉祥寺駅の公園口を出て右に進むと、ビルの奥まったところに古本センターがあります。

古書全般を取り扱っていますが、特に美術系の本が充実しているように感じました。

大正時代の写真(むしろ寫眞)技術の本とか……面白そうですよね。
誰が読むんだろうって感じですけど。

ギッシリと本が詰まった本棚を丁寧に見ていけば、お宝本が見つかりそうなお店でした。

外口書店

北口のアーケード(サンロード)にある小さな古本屋。

いわゆる古本屋さんといった雰囲気で、最近の本も結構出回っています。
少し前の本がお手頃な価格で買えるのがうれしいですね。

アーケードの真ん中くらいにあるので、通りがてら見てみると良いかも。

藤井書店

サンロードを抜けた先、五日市街道沿いにある古本屋です。

雑誌・文庫・サブカルをはじめ、多岐にわたるジャンルを取り扱っています。

店の奥には2階に上がる階段もあるのですが、カオス過ぎて近寄れませんでした……いつか行ってみたいと思います。

道路沿いにある100円均一のワゴンが意外と充実しているので、掘り起こしてみるのも楽しいかも。

ジュンク堂書店

コピス吉祥寺にある大型書店。

2フロアに渡る広いエリアにズラリと本棚が並び、思わずここで見つからない本はないんじゃないかと錯覚させられます。

棚のジャンル分けが絶妙な感じで、見ているうちにいつの間にか時間が過ぎてしまうキケンな店です。

まとめ

吉祥寺はこの他にも啓文堂書店、紀伊國屋書店、パルコブックセンター、ブックファースト、ブックス・ルーエ、ヴィレッジ・ヴァンガードなど新刊を取り扱う書店やブックオフもあり、本好きなら1日過ごせる街です。

都内はこういうお店が充実していて良いですね。
以前住んでいた横浜にはなかったので……。

本屋が好きならコチラの記事もどうぞ




吉祥寺に行くならコチラもチェック



Pocket

Tags:
スポンサーリンク

関連記事

2015-10-30 | Posted in 東京案内No Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)